佐久間P、通りすがりの小学生の喧嘩を仲裁するも「本当にへこんだ」

By -  公開:  更新:

9月29日(水)深夜、テレビプロデューサーの佐久間宣行がパーソナリティを務めるラジオ番組「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週水曜27時~28時30分)が放送。道端で遭遇した、見知らぬ2人の小学生とのエピソードを語った。

道中、口喧嘩をする小学校低学年くらいの、2人の男の子に会ったという佐久間。そのうち、手が出る喧嘩が始まってしまったため、仲裁に入ったという。

「小学生の男の子が『言ってねーよ!』『言ったよ! 謝ってよ!!』みたいな喧嘩を始めたの。止めるか悩んだんだけど、でもそこに僕しかいないし、(男の子たちが)押し合いを始めてしまって「危ない!」と思って、『待てっ!!!』ってけっこうな勢いで間に入って。しかも、声も思ったより大きくなっちゃって。

そうしたら2人とも、ビクッ! っとなって。小学生からしたら、180センチのおじさんなんて巨人だよね。僕は『押し合いとか良くないよ』って言ったんだけど、2人とも下を向いちゃって。僕も膝を曲げて、彼らに目線を合わせれば良かったんだけど、ビビられていることに、僕がビビっちゃって」

佐久間宣行

「そのあと少し沈黙が続いて、途中で1人の男の子がブツブツ言い出して、何を言っているのか分からなかったけど、もしかしたら僕の悪口を言っていたのかもしれない。もう一人の子も『早くどこかに行ってくれ』って顔をしていたし、これはもう、その場を去ろうと思ったんだけど、今度は営業さんっぽいサラリーマンが通りかかって『何してるんだ?』みたいな顔でこちらを見ているから、一部始終を説明して、『あー、なるほど』と分かってもらえて。

僕達大人がいると邪魔だから、その場を去ろうと、ゆっくり小学生から離れたの。そうしたら、僕が背中を見せた瞬間、2人がダッシュする音が聞こえて! で、2人ともダッシュしながら、僕にはっきり聞こえる声で『なんだよーっ!!』とか言って走って行きました」

佐久間宣行

佐久間がその場から去ろうとした瞬間に、猛ダッシュで走り出した小学生を見て、「へこんだね……すごい、本当に」と振り返った佐久間。

その後、自分はどうするべきだったのか? と悶々と考えたそうで、「審判みたいな感じで、肩を入れて入ったからいけなかった」と反省。「やめーい、やめーい、やめーい!」「危ないぞ~、おい、おーい!」という感じで、ちょっと面白い感じで入れば良かったと言い、反省しきりだった。

番組情報

佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週水曜 深夜 3:00 - 4:30

番組HP

元・テレビ東京のプロデューサー佐久間宣行が、ニッポン放送の「オールナイトニッポン0(ZERO)」に挑戦! フリーのテレビマン、45歳で既婚者、娘がいる脱サラおじさんが、一生懸命しゃべります。最年長パーソナリティがお送りする「メディアミックス ラジオ番組」です!


Page top