SixTONES がパーソナリティ! 24時間生放送スタート……ニッポン放送「第47回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」

By -  公開:  更新:

目の不自由な方たちが安心して街を歩けるように「音の出る信号機」を設置するため、毎年12月24日の正午から25日の正午まで生放送でお送りするチャリティプログラム ニッポン放送「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」。

今年で47回目を迎える同番組のパーソナリティは昨年に引き続き、SixTONESのメンバーが担当する。昨年は3年連続でパーソナリティを担当したKis-My-Ft2と一緒にパーソナリティを担当したが、今年はそのバトンを引き継ぎ、単独でのパーソナリティとなる。

SixTONESのメンバーは今回のキャッチフレーズ「ココロのバトン MY HEART YOUR HEART」に合わせ、それぞれがテーマを持ち、視覚障がいについてさまざまな角度から勉強し、体験取材を敢行。「ハートフルレポート」と題して、それぞれの取材の模様をレポートするほか、取材を基に制作された「ハートフルストーリー」を朗読する。24時間生放送が始まる直前、メンバーを代表し、SixTONESのジェシーが意気込みを語った。

SixTONES

 

目の不自由な方へ音の出る信号機を ニッポン放送「第47回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」 12月24日(金)正午~25日(土)正午 24時間の生放送

【SixTONES ジェシー】

Kis-My-Ft2さんからバトンを受け継ぎ、今年はSixTONES単独でパーソナリティを担当させていただきます。
自分たちの想いを届けて、勇気や希望を伝えられたら嬉しいです。

リラックスして、とにかく楽しんで、SixTONESらしいラジオをお届けしたいです。

■SixTONESメンバーによる「ハートフルレポート」・「ハートフルストーリー」詳細

■24時間特別番組レポート~

24日正午からスタートした特別番組はSixTONESのメンバー全員による、「サンタが街にやってくる」の合唱でスタート。メンバー全員によるクリスマスソングの合唱にスタジオは一気にクリスマス、そしてラジオ・チャリティ・ミュージックソンの雰囲気に包まれた。

24時間の生放送スタート直後の12時台には昨年まで3年連続でパーソナリティを担当したKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔、宮田俊哉がゲスト出演し、メンバーを激励した。

番組では今年のキャッチコピー「ココロのバトン MY HEART YOUR HEART」にちなみ、「心から届けたい気持ち」「心に残ったエピソード」など、リスナーから「ココロ」にまつわるメッセージを募集している。番組スタート直後からたくさんの「ココロ」にまつわるエピソードや24時間の生放送に挑戦しているメンバーへの応援メールが寄せられている。

今年のスペシャル企画はSixTONESのメンバーによる視覚障がいにまつわる体験取材をレポートする「ハートフルレポート」と朗読「ハートフルストーリー」の2本柱。「ハートフルレポート」企画のトップバッターとして、14時台に登場したのは田中樹。田中は視覚障がい者が町を歩くのに欠かせない白杖について、20年前の同番組に筑波大学附属視覚特別支援学校の生徒として出演したリスナーの方に取材。田中はニッポン放送社内を声をかけながら案内している模様を紹介し、白杖や視覚障がい者への“声かけ” “フォロー”について、理解促進・啓蒙を図った。

番組では15時台のゲストにゆずが登場するほか、オードリー、サンドウィッチマン、笑福亭鶴瓶(五十音順)などのコメントもオンエアしていく。日付が変わった25日午前0時(24日24時)からは、SixTONESメンバー全員で、クリスマススペシャル企画「ココロを1つに、TEAM・SixTONES」をお届けするほか、深夜1時からの「SixTONESのオールナイトニッポン~ラジオ・チャリティ・ミュージックソン スペシャル」のパーソナリティを松村北斗が、深夜3時からの「SixTONESのオールナイトニッポン0(ZERO)~ラジオ・チャリティ・ミュージックソン スペシャル」のパーソナリティを京本大我が担当する。

コロナ禍でソーシャルディスタンスを取る必要があるなど、視覚障がい者にとっても新しい生活様式を求められ続ける中、心を込めてキャンペーンをお届けしていきたいというSixTONESの想いを是非、聴いていただきたい。同番組は25日(土)正午までの生放送。

尚、皆様からお寄せいただいた募金は全日本交通安全協会を通して『音の出る信号機』の設置や保守、また、『声の図書』、『デジタル録音図書編集用パソコン』、『立体コピー機』など多くの視覚障がい者のための活動に寄付させていただくほか、今年も昨年に引き続き、コロナ禍で頑張っているエッセンシャルワーカー、特に医療従事者の皆様の活動の支援として日本看護協会にも寄付することになっている。

<特別番組概要>
・番組名:「目の不自由な方へ音の出る信号機を ニッポン放送「第47回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」
・キャッチフレーズ:ココロのバトン MY HEART YOUR HEART
・放送日時:2021年12月24日(金)正午~翌25日(土)正午 ※24時間生放送
・番組ハッシュタグ:#ミュージックソン
・パーソナリティ:SixTONES
・アシスタント :洗川雄司・新行市佳(ニッポン放送アナウンサー)

■キャンペーン期間および募金受付期間:2021年11月1日(月)~2022年1月31日(月)
■キャンペーンホームページ:https://www.1242.com/musicthon2021/

番組趣旨 ~『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』とは

「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は、目の不自由な方が安心して街を歩けるように『音の出る信号機』を設置する基金を募るチャリティ・キャンペーンです。

昭和50年(1975年)からスタートした「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は、毎年11月1日から翌年1月31日までの3か月間に渡って展開されており、チャリティへの関心が高まるクリスマス・イブの12月24日正午から翌25日クリスマスの正午まで、ニッポン放送ゆかりの方をメインパーソナリティに迎えて24時間のチャリティ生放送を実施しています。

また、全国のラジオ局がその趣旨に賛同しており、北海道・STVラジオ、青森放送、IBC岩手放送、ラジオ福島、ラジオ大阪、和歌山放送、広島・中国放送、香川・西日本放送、福岡・九州朝日放送、ラジオ沖縄に、ニッポン放送を加えた全国11局のラジオ局が各局独自の「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」を放送しています。

これまでにお寄せ頂いた浄財は47億6,263万9,984円に上り、その全額が寄付され、3,307基の『音の出る信号機』を設置しました。

しかし、『音の出る信号機』の老朽化と、それに伴う新たな信号機設置のため、設置個所はなかなか増えていません。また『声の図書』『立体コピー機』など多くの視覚障がい者用教育機器も贈って参りましたが近年は機器のデジタル化に伴い『デジタル立体コピー』や、お送りした『声の図書』の劣化により、それをCDなどのデジタルフォーマットに変換し、有効に利用し続けて頂くための『デジタル録音図書編集用パソコン』なども必要です。

つまり、目の不自由な方の安全を守るため、目の不自由な方の快適で知的な生活を保障するためには、まだまだ「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」による募金が必要な現状が続いています。

Page top