R-指定「『お前らがいい人達っていうことは伝わった』って言われた(笑)」フェスで見た梅田サイファーメンバーの気遣い

By -  公開:  更新:

11月28日(月)深夜、ラッパー・R-指定とターンテーブリスト・DJ松永による音楽ユニット・Creepy Nutsがパーソナリティを務めるラジオ番組「Creepy Nutsのオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週月曜25時~27時)が放送。11月20日大阪城音楽堂にて、R-指定が所属するヒップホップグループ・梅田サイファーが出演した、関西最大規模の音楽・ダンスフェスイベント『尼フェス Jack in the Box』でのエピソードを語った。

R-指定:『尼フェス』はダンサーさんもいっぱい出るフェスなのよ。かつ、ヒップポップアーティストも何組か出て。

DJ松永:はい。

R-指定:ライブ中、後ろでダンサーさん達が踊ってくれて。たぶん、ダンススクールとかも協力していて、キッズの子とか、結構若めの10代の子達も踊るってイベントで。

DJ松永:うん。

R-指定:ダンサーのみんなが作ってきてくれた振り付け、めっちゃいい感じにかっこよくて。梅田サイファーは3曲ぐらい、『梅田ナイトフィーバー'19』『マジでハイ』『トラボルタカスタム』をやって。

DJ松永:カマし曲ね。

R-指定:本番、ステージの前方に十数人の梅田サイファーがバーって並んで、その後ろに何十人ものダンサーさんが並んで。

DJ松永:うん。

R-指定:梅田サイファーは結構、既婚者とか子供もいるメンバーが多いんだけど……。ライブを外側から見ていたうちのマネージャーさんが「みんな、端の方でラップしていたよ。ダンサーを見せながら、端でラップをしていた」って言っていて。ラッパーのみんなが気を遣って、端と端に寄っていたと。

DJ松永:なるほど、親御さんに気を遣ってね。

R-指定:マネージャーさんから「もうちょっと真ん中にいても良かったのに。でも、お前らがいい人達っていうことは伝わった」って言われた(笑)

DJ松永:ふふふ(笑)

共演したキッズダンサーが客席から見えるよう、端に寄って歌うラッパー達を見て、マネージャーから「いい人達っていうことは伝わった」と言われたというR-指定。実際にR-指定が「なんで横によけて歌っていたのか?」と聞いたところ、梅田サイファーのメンバーから「だって、客席でカメラを構えている親御さんとかおるねんもん! 自分の娘・息子の晴れ舞台なのに、ひげ面とか金髪のやつが前にかぶっていたら『邪魔やなー』って、俺が親だったらお思うから」と言われたとのこと。

しかし、R-指定はその親心に気付かず、ど真ん中で歌っていたと告白。ステージの端に寄ったメンバー達について「優しい! いいやつすぎるやろ!」と驚き、感心していた。

番組情報

Creepy Nutsのオールナイトニッポン

毎週月曜日 深夜1:00-3:00

番組HP

月曜日のオールナイトニッポンは、1MC・1DJユニット「Creepy Nuts」が担当! MCバトル日本3連覇のラッパー“R-指定”とDJバトル世界一のDJ、“DJ松永”の二人によるHIP-HOPラジオ! フロア同様、深夜ラジオ界を爆アゲさせます!

★再編集したポッドキャストをSpotifyで聴けます!⇒こちらからチェック
~Spotifyをダウンロードすれば無料で聴くことができます(放送の翌日に最新エピソードを配信予定です)

Page top