R-指定、ワンマンライブよりも“ホーム”を明確に感じられるのは「大阪のちょっと南の方でやるフェス」

By -  公開:  更新:

11月21日(月)深夜、ラッパー・R-指定とターンテーブリスト・DJ松永による音楽ユニット・Creepy Nutsがパーソナリティを務めるラジオ番組「Creepy Nutsのオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週月曜25時~27時)が放送。ライブでホームを感じる瞬間について、2人が語った。

R-指定:音楽でのホームとかアウェイとか、ブーストがかかったりする瞬間ってどこやろ?

DJ松永:俺たちの“ド・ホーム”はどこだろうね? ワンマンとかかな?

R-指定:そうやね、ワンマンは「ホーム」と言ってもいいんじゃないかな。でも、どこでやっても、やっぱり俺たちのワンマンだから、取り立てて「ホームだ!」っていうのを明確に感じられるのはフェスかな。

DJ松永:ああ、なるほど。

R-指定:どこのフェスも温かく迎えてくれるけど、俺が勝手にブーストがかかっちゃうのは、(地元の)大阪の特に堺市の近くとか南大阪。「RUSH BALL」とか「メトロック」とか、大阪のちょっと南の方でやるフェスだと、俺の言葉遣いがちょっと荒くなってくる。

DJ松永:なるほど。だんじりバイブス?

R-指定:だんじりバイブスが。Creepy Nutsではないけど、梅田サイファーで「ミュージックサーカス」という泉南市の南大阪でやったフェスは、結構ヒップホップアーティストが多くて。みんなも踊りに、遊びに、水着で来ている結構やんちゃそうなお客さんがいて。

DJ松永:へえっ!

R-指定:自然とMCで「お前ら、今年だんじりなかったやんか! その分騒げ!」って煽ったら。めっちゃ盛り上がって。

DJ松永:へえ~。

R-指定:だからちょっと“南大阪ブースト”はかかるかな。

DJ松永:なるほどね。

R-指定:だから実は、ワンマンよりフェスの方がちょっとブーストがかかったりするかな。

DJ松永:確かにフェスは短距離走だしね。上げて、帰るみたいな。

R-指定:ワンマンは聞かせて、みたいなね。

大阪府堺市出身ということから、地元近くで行われるフェスでは “南大阪ブースト”が思わずかかるというR-指定。また、ワンマンライブについて「上げて聞かせて、その中くらいのところもあったり、1本の波があるから」「盛り上がれば満足なのか、ってわけではないから」と言い、フェスとの違いを2人で語った。

番組情報

Creepy Nutsのオールナイトニッポン

毎週月曜日 深夜1:00-3:00

番組HP

月曜日のオールナイトニッポンは、1MC・1DJユニット「Creepy Nuts」が担当! MCバトル日本3連覇のラッパー“R-指定”とDJバトル世界一のDJ、“DJ松永”の二人によるHIP-HOPラジオ! フロア同様、深夜ラジオ界を爆アゲさせます!

★再編集したポッドキャストをSpotifyで聴けます!⇒こちらからチェック
~Spotifyをダウンロードすれば無料で聴くことができます(放送の翌日に最新エピソードを配信予定です)

Page top