マヂラブ、『M-1』ファイナリスト9組に期待「誰が優勝しても革命ですよね。新時代ですよ」

By -  公開:  更新:

12月1日(木)深夜、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルと村上がパーソナリティを務めるラジオ番組「マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週木曜27時~)が放送。漫才日本一を決める『M-1グランプリ2022』の決勝進出9組が発表されたことを受けて、2人が率直な思いを語った。

前日の11月30日(水)に準決勝が行われ、ダイヤモンド、男性ブランコ、カベポスター、ロングコートダディ、さや香、真空ジェシカ、キュウ、ウエストランド、ヨネダ2000という9組の決勝進出が決定。2人がこのメンバーを見て、それぞれ感じたことを明かした。

村上:率直にメンバー見ていかがですか?

野田:誰が優勝しても革命ですよね。新時代ですよ。

村上:すごいですね。

野田:また1周したよね。『M-1グランプリ』って、1つ1つのスタイルの賞味期限が早いというか……。すぐ転回していくからさ。

村上:はいはいはいはい。

野田:僕らの漫才もそうでしたけど、もっと動き回る漫才とか流行るのかと思ったら、1周して、立った状態の2人が変なことしてるっていう漫才で……。

村上:私、予選をずっと観てましたけど、床に背がつく人、結構いましたよ。

野田:あ、やっぱそうなんだ。

村上:私は観ててうれしかったです。そういう方向も、アリになったのかな? っていう気持ちもあったし。

野田:優勝者がやってきたことっていうのは、1つのハードルとして、のしかかるわけじゃん。今後めっちゃ動くネタをやるとしても、決勝で(マヂカルラブリーがやったような)ああいうネタがあったから、もっとやらにゃならんか、やらないかのどっちかだと思うんだよ。

村上:はいはいはいはい。

野田:だから今回の決勝のメンバーは、わりと、やらないに振り切ったか、やるに振り切ったかのどっちかだと思う。

村上:なるほどね~。

2020年の優勝者としての目線も入れつつ、大会や決勝進出者について私見を述べた2人。準決勝を観ていたという村上は、決勝進出を決めた9組について、「ここに載ってる人たちは、もうやばかったね。本当に面白かったな~みんな」と感服した様子で語っていた。

番組情報

マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週木曜 深夜 3:00 - 4:30

番組HP

2020年の賞レースを最もざわつかせたお笑いコンビ・マヂカルラブリーが、木曜のオールナイトニッポン0を担当します! “あれはラジオじゃない”って言われないように精いっぱい喋ってます。是非お聴きください!

★再編集したポッドキャストをSpotifyで聴けます!⇒こちらからチェック
~Spotifyをダウンロードすれば無料で聴くことができます(放送の翌日に最新エピソードを配信予定です)

Page top