ゲレンデグルメに柳原可奈子も興奮!「舞子スノーリゾート」のウィンタースポーツ好きのパパママに嬉しい取り組みとは?

By -  公開:  更新:

先週、東京都心では11月として5年ぶりに初雪を観測。本格的な冬シーズン到来ということで、11月27日放送のラジオ番組『柳原可奈子のワンダフルナイト』では、12月10日からオープンする『舞子スノーリゾート』の魅力に迫った。

2016%e3%82%aa%e3%83%95%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%be%e3%83%bc%e3%83%b3

パーソナリティ柳原可奈子からの呼びかけで、舞子スノースクールの斉木真司校長が電話ゲストとして登場。オープン間近のリゾート情報を伺った。

「舞子スノーリゾート」は新潟県南魚沼市にあり、ゲレンデ直結の「舞子高原ホテル」や、レンタルコーナーはもちろん、無料休憩所、仮眠室、そして温泉施設がある「日帰りスキーセンター」があり、ステイ派や日帰り派のどちらも快適に過ごせる環境が整っている。

cb1c0960

中でも『小さな子供がいるからゲレンデに行くのは難しい』というファミリーの為の「ママミキーキッズスノースクール」は3歳の子供から預けることができ、ウィンタースポーツ好きのパパママに嬉しい注目のプログラム。

朝子供を預けたら夕方まで先生に預けっぱなし可能で、子供たちはその間キッズスクール専用のエリアで安全にスキーを楽しみ、先生と遊んだり、食事をとれる。スノーリゾートならではの『雪育』をテーマにしたレッスンは、滑ることから挑戦意欲、達成感など日常生活ではなかなか体験できない感覚を引き出せるとのこと。

%e3%83%9e%e3%83%9e%e3%83%9f%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%ba%e3%82%b9%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%ef%bc%88%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc%ef%bc%89

同リゾートでは、スキーのレベル別で学べる「舞子スノースクール」や、スノーボードで滑る・飛ぶ・回るを叶える「スノーボードスクールSTEP7」などもあり、子供を預けている間に、パパ&ママが腕を磨くことも出来る。

%e3%82%bf%e3%83%ac%e3%82%ab%e3%83%84%ef%bc%91

%e8%88%9e%e5%ad%90%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9

また、最近TVでも特集されるゲレンデグルメ=ゲレ食にもこだわっており、新潟市のご当地B級グルメ「舞子タレカツ丼」、週末限定メニューの「舞子ビーフステーキライス」が楽しめるとのこと。舞子のふもとで育った斉木校長のおすすめメニューの紹介に、柳原は「出たー!」と物欲しげでした。

この日の放送は期間限定でradikoのタイムフリー機能で聴くことが出来る。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:『柳原可奈子のワンダフルナイト』
放送日:2016年11月27日
リンク:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20161127230000

今回紹介した「舞子スノーリゾート」は12月10日にオープン予定。首都圏から車でのアクセスもしやすく、関越道練馬ICから最寄りの塩沢石打ICまで約2時間、海老名JCTから圏央道経由で約2時間30分の近さ新幹線では東京駅から越後湯沢駅までわずか70分、越後湯沢駅前からは無料シャトルバスで20分。さまざまな層のスキーヤー・スノーボーダーのための環境が万全に整ったスノーリゾートで冬を満喫してみてはいかがだろうか?

<舞子スノーリゾートHP>
http://www.maiko-resort.com/winter/

【文:allnightnippon.com編集部 望月】


Page top