星野源からのリクエストで井上苑子が苦手なモノマネに挑戦!番組最終回も、自分らしく、明るく、ステキに。

By -  公開:  更新:

27日(月)深夜放送の「井上苑子のオールナイトニッポン0(ZERO)」で番組が最終回を迎え、番組冒頭から苦手なモノマネを披露したり、最後の最後まで明るくふるまうなど、井上らしい番組が届けられた。

番組冒頭、「星野源さん、お疲れ様でした。ぼく、ドラえもんです……(笑)」と、ドラえもんのモノマネでオープニングの挨拶をした井上。

この日、井上は前番組の「星野源のオールナイトニッポン」に招かれていた。星野はエンディングトークで「この後は、我らが井上苑子ちゃんの最終回です!」と宣伝し、井上について「素直でアーティストぶらない、貴重な人材。みなさん、僕と一緒に井上苑子さんを見ていきましょう。」とリスナーに呼びかけた。ところがその後、「じゃぁ…ドラえもんかな?」と星野からモノマネのリクエストがあり、「井上苑子のオールナイトニッポン0(ZERO)」の最終回はドラえもんから始まった。

番組では、「今日は最後なので、リスナーさんからの質問に何でも答えていきます!」とメールを募集したところ、オープニングの時点で4000通ものメールが届いた。

番組後半のお馴染みのコーナー“最後の一曲”では、「最終回は2曲お送りします」と、初めて生歌を2曲披露した。

1曲目は『空も飛べるはず/スピッツ』、2曲目は「何にしようかと考えたところ、自分の曲で締めます。皆に“ありがとう”の気持ちを込めようかなと思ったんですけれど、やっぱり、井上苑子らしく楽しく終わりたいなと。これから新生活が始まる方がいらっしゃると思います。皆さんの背中を押せるような歌を歌いますので、聞いてください!」と『エール/井上苑子』を歌った。

エンディングでは、時おり涙をこらえる場面もあったが「今日は絶対に泣かないぞ」とリスナーへ1年間の想いを伝えた。

『最後まで、私の喋りを聞いてくださる方がこんなにもいて嬉しい。ラジオって聞いているひとが見えないし、どれくらいの方が聞いてくれているのか、今も正直分からないじゃないですか。でも、今日もたくさんのメールを頂いて。私の思っている何倍もの方が聞いてくださっているのだと思います。ほんとに、本当にありがとうございました。これからも歌を頑張っていきますので、皆さんの目に留まるように頑張っていきます。井上苑子、もっともっと頑張って「井上苑子のオールナイトニッポン0(ZERO)」を聞いていて良かったなって思わせます。よろしくお願いします!それじゃまた、ほなね!!』

井上苑子の素敵さが滲み出たこの日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「井上苑子のオールナイトニッポン0(ZERO)」
放送日:3月27日(月)27時~28時30分
パーソナリティ:井上苑子
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20170328030000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/program/zero/mon/


Page top