岡村隆史、香港の“ビッグ・ボス” サモ・ハン・キンポーとの思い出を語る

By -  公開:  更新:

6日(木)深夜放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、香港で“ビッグ・ボス”と呼ばれる、アクションスターのサモ・ハン・キンポーと共演したときの思い出を語った。

先日、香港映画界の重鎮「サモ・ハン・キンポー」が11年ぶりに来日。ジャッキー・チェンと同時期にブレイクした香港アクションスターといえば、サモ・ハン・キンポーとユンピョウで、香港アクション映画界のBIG3とも言われている。

岡村は1999年に公開された映画『無問題』(もうまんたい)で、サモ・ハン・キンポーと共演。2002年に公開された映画『無問題2』では、ユンピョウと共演している。香港映画好きの岡村は「サモ・ハン・キンポーが日本に来たんでしょ?」と、当時の撮影の様子を語った。

『僕は香港映画もジャッキー・チェン、サモ・ハン・キンポー、ユンピョウが好きで。映画の撮影で香港へ行ったとき、『本当に来てくれるのかなー』って思っていました。香港って、フラ~っと撮影に来て、パッと撮って、ふぁ~っと帰るから、台本が無いようなもの。

サモ・ハン・キンポーは元々出演することが決まっていたわけじゃなくて、もしかしたら出演してくれるかも、って。『出演してくれたら嬉しいなー』って思っていたら、ある日、本当に来たんですよ!

香港のスタッフから、彼は「ビッグ・ボス」と言われていて。それまで、和気あいあいと撮影していたけれど、その日だけはピリっとしていた。そこからは監督ではなく「俺がこうするから、こうして、こう撮って!」ってサモ・ハン・キンポーが仕切って。口頭で「サモ・ハン・キンポーが、隆司の胸をバーンと蹴って、ワイヤーでワーッと飛んでいくシーンを撮るから」って説明された。
さすがや。ババーっとやって、バーンと蹴って。そのまま帰っていった(笑)」

撮影は1時間ほどの短い時間だったそうだが、憧れのサモ・ハン・キンポーと写真を撮り、『無問題2』ではユンピョウとも共演できたと懐かしんだ。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」
放送日:4月6日(木)(25時~27時)
パーソナリティ:ナインティナイン・岡村隆史
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20170407010000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/program/okamura/

4月20日(木) 25時からの「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」では、『好きなモノ、なんでも買ってやる!岡村隆史46歳、結婚宣言!オカチェラーJAPAN』と題したスペシャル企画が行われる当日は、美人芸能人や美人アスリート、そしてリスナーまでもが生出演し、岡村隆史を奪い合うという内容になる。

番組情報

ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン

毎週木曜 深夜 1:00 - 3:00

番組HP

毎週木曜深夜1時は岡村さんが生放送でラジオでしゃべっています。トークとコーナーでお楽しみください!

Page top