高橋みなみが語る“アンコール事情”「プレッシャーはあります」

By -  公開:  更新:

16日夜放送のニッポン放送「高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと」で、朝井リョウが高橋みなみに対し、“ライブを行う人への疑問”をぶつけた。

冒頭まず触れたのは、突如誕生した番組公式Twitterの存在。高橋にも朝井にもまったく連絡なしで作られたといい、2人は困惑した様子。現状のフォロワー数は、収録時の数で760人。朝井曰く「『山下健二郎のオールナイトニッポン』の500分の1ですね」ということで、数字的に奮っていない状況を指摘した。

ちなみに朝井はこのアカウントをフォローしておらず、先週に続き、常識を疑うスタイルで向き合うとのことだ。

『高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと』公式Twitter
https://twitter.com/yobun_no_koto?lang=ja

今回話された話題は、主に“ライブ”に関すること。まずは、4月8日に渋谷CLUB QUATTROで行われた、高橋みなみのバースデーライブの話からスタートした。

ファンクラブ限定で行ったこのライブでは、お世話になった人にボイスメッセージをもらったといい、岸谷香、大黒摩季に加えて、朝井もメッセージを届けたそうだ。内容はというと、高橋にとっては“謎のメッセージ”と捕らえるほど不思議なものだったが、それについて聞かれると朝井は、その場を借りて自身の“一度言ってみたかったセリフ”を使ってみたのだと告白。

そのセリフとは、「おめでとうございます。あ、じゃあここからはいつもの呼び方で呼ばせていただきますね。」という、こういったメッセージやビデオレターなどで、親しい友人がよく使う言葉。堅苦しい口調から普段の口調に戻すときに用いるセリフだが、それを言いたいという願望をこの場で果たしたという朝井に、高橋は「そういうチャレンジを私でしないで!」とツッコミを入れていた。

ちなみに、そこで朝井が呼んだ“いつもの呼び方”は、「これ何ちゃん」。TOKYO FMで放送中の番組『高橋みなみの「これから、何する?」』から引用した呼び名だが、実際ライブ会場でメッセージを受け取った高橋は、「いつも呼ばれてないですし(笑)でも思わず笑ってしまったのが悔しかった。」とそのときの様子を語った。

バースデーライブだけでなく、今年は7月から15箇所を回る初の全国ツアーを行うという高橋。残念ながら岐阜は入っていないということで、少々不満げな朝井だったが、そんな朝井は、ライブをやる人に質問したいことがあるらしい。

朝井:私はライブをやる側には立ったことがないんですよ、当然ね。

高橋:まぁまぁそれはね。

朝井:それでいろいろ気になることがあってさ。

高橋:なになに?

朝井:あの~アンコールはどういう気持ちなの?絶対あるの分かってるわけじゃないですか。

高橋:皆さんがね、もう一回出てきてって言ってくれますよね。

朝井:あれってやんなきゃダメなのかな?

高橋:あ~でもAKB48で一回アンコールがなかったことがあったんですよ。盛り上げることができなくて、アンコールが掛からなくて。で一応ルールがあって、何分間か待ってもなかったらアンコールはナシと。

朝井:え~。

高橋:それで確か出れなかったんですよ、うちのチームじゃなかったですけど。

朝井:あのアンコールって、どういう気持ちなんだろう?と思って見てるんですよね。

高橋:一応ね、ライブの楽曲を組むときに、アンコールっていう部分も考えるわけ。

朝井:あるよね、アンコール明けで新曲やったりとかさ。

高橋:だからプレッシャーはありますよ。アンコール掛からなかったら出れないっていう。

朝井:プレッシャーなんだ。

高橋:本編でどれだけ皆さんを楽しませて、本当にもう一回見たいっていう意味でのアンコールをもらえるかっていうところで、新曲をここにブチ込んでくるわけじゃないですか。

朝井:緊張があるのか。でもさ、見てて思うのは、「ありがとうございました!最後の1曲です!」ってウソのMCしたあとにね。

高橋:やめなさいよ(笑)一応本編としては最後の1曲なんだから。

朝井:はけて3秒後とかに、アンコールが発動する会場もあるじゃん?休ませてあげてよって思う。ムリムリムリムリ!って(笑)

高橋:アンコールが早いと焦りますね。大体アンコールって、ラフな格好に着替えるので。大体グッズTにジーパンで。

朝井:バンドメンバーもTシャツになってね。アンコールになると、歌ってる人のバンドメンバーの距離が縮まってる感じがしますよね。

高橋:はいはい、ありますね。

朝井:それを見せられたときに、なんか分かんないけど、私は傷つくんですよ。

高橋:なんでなんで?

朝井:高橋さんには仲間がいる、私には仲間がいないって…

高橋:それは朝井さんだけでしょ!ちょっと(笑)

ライブのアンコールについて、様々な疑問を並べた朝井。これ以外にももう1つだけ聞きたいことがあるといい、それはホームページで聴くことができる「ホントヨブンのこと」でお話するとのことだ。

番組では、突如行われた謎のコーナー「エコサターンでも落とせない」も始動(?)。さらに来週の放送では、スペシャルウイークとして、朝井曰く“ニッポン放送の社運を賭けた企画”ということで「高橋みなみ誕生日スペシャル」が開催される。「ラジオの前で集合して、高橋さんの誕生日で遊ぼう!」とやる気満々の朝井だが、どんな企画かは、次回23日放送の『高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと』で明らかになる。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送『高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと』
放送日:4月16日(日)22時30分~23時
パーソナリティ:高橋みなみ、朝井リョウ
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20170416223000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/yobunnokoto/

Page top