「自分がいいなと思える音楽を作り続ける」田島貴男 【土屋礼央 レオなるど】

By -  公開:  更新:

FM93AM1242ニッポン放送のお昼の番組『土屋礼央レオなるど
8/3(木)の放送には、ORIGINAL LOVE田島貴男さんが登場!

土屋礼央が「この人に憧れて音楽の道を志した」人物、それが田島貴男さん。
そんな田島貴男さんが気になっているこんな話題から番組スタート。

土屋)田島さん、カレーにハマってるんですか?

田島)各バンドに1人はいない?カレー星人。

土屋)たしかにいますね(笑)。

田島)トータス松本さんが生き生き話すもんだから、それで作り方教えてもらって、ハマったんだよね。

土屋)やっぱりこだわったりというところでカレー作りと曲作りっていうのは近いものなんでしょうか?

田島)そんな無理に音楽につなげなくていいよ(笑)。ムリがある!カレー作りは趣味だからさ。

ということで、もちろん、音楽のことについてもうかがいました。
ハイレゾなど高音質の音楽が増えてきた現在、いい音すぎて疲れてしまうという田島さん。

田島)最近の音楽再生機器だとワンタッチで簡単に音楽が聞けてしまう。だから聞く手順が多いレコードを聞いているんですよ。男ってDIYが好きじゃないですか。レコードにも男が好きになる要素があるんです。

そして名曲「ラヴァーマン」の曲紹介時には、「自分がいいなと思える音楽を作り続ける」という田島さんのこだわりを感じるエピソードも飛び出しました。

土屋)ラヴァーマン、どのような曲なんでしょうか?

田島)いい曲が出来たな、と思って6年くらい寝かせた曲なんですよ。この曲に合うアルバムが出来るまで待とうと思って。

他にも「接吻」の歌詞は日本近代詩の父の影響があった!?というお話も。
気になる方は下のバナーをクリックして、ぜひradikoのタイムフリーでチェックしてみてください!

土屋礼央レオなるど
FM93AM1242ニッポン放送~木 13:00~16:00

Page top