菅田将暉本人が、街で“菅田将暉系ファッション”の若者と遭遇!

By -  公開:  更新:

18日(月)深夜放送のラジオ番組『菅田将暉のオールナイトニッポン』で、パーソナリティの菅田将暉が、最近巷で話題となっている、自身をモチーフにした“菅田将暉系ファッション”について語った。

この日は敬老の日ということで、まずは、菅田がどんなおじいちゃんになりたいかという話題からスタート。菅田の家は、母方の実家がスーツのテーラーで、おじいちゃんがすごくカッコイイ人なのだそう。下はグレーのスラックス、上は茶色いジャケットという、上下別々のスーツを身にまとい、髪型はオールバックしか見たことがないとのこと。

そんなこだわりファッションを貫くおじいちゃんを持つ菅田は、自身が憧れるおじいちゃん像を4つに分けて掲げた。その4つとは、『肩の力が抜けたインテリなタモリタイプ』『いい加減で面白い高田純次タイプ』『ちょっとやんちゃ岩城滉一タイプ』『激シブ、モーガン・フリーマンタイプ』。

悩んだ末、『激シブなモーガン・フリーマンタイプ』を選んだ菅田は、「やはり僕の理想としては、激シブになりたい。おじいちゃんになったらアフロにして、CAZAL(カザール)というブランドのいかついサングラスと金のネックレスを付けて、お年玉をあげたいんですよ。」とコメント。やはり自身のおじいちゃんのように、孫たちにカッコイイと思われるような存在になりたいそうだ。

そして菅田は、最近流行っている“菅田将暉系ファッション”についても言及。柄シャツをスラックスにインするスタイルを、巷で“菅田将暉系ファッション”と呼び、テレビでも多数特集が組まれるなど、ムーブメントを巻き起こしている。菅田自身も、テレビやプライベートなどで、このファッションについてコメントを求められたりイジられたりすることがあるそうだが、当の本人としては、「もちろん嬉しいことではあるけど、やっぱり菅田将暉は菅田将暉系ファッションなんだ…と思われるのが若干恥ずかしい。」と複雑な思いがあるそう。

そうした中、先日古着屋にて、菅田将暉系ファッションをしてる人に会ったとのこと。実際に遭遇するのは初めてだったため、すごく嬉しかったと語る菅田だが、ファッションとはまた別な意味で複雑な思いをする出来事があったそうだ。

「2人組で来てたんですけど、1人の子は全然ピンクのスウェットとかを着てるパーカーの子で、もう1人は結構派手めな柄のシャツをスラックスにインしてる、みたいな。あっ、これや!と思って、すごい嬉しくて。

しばらく経ったとき、話し掛けてくれたんですよ、向こうから。でも、会えたことに喜んでくれているとは思うんですけど、間合いがなんというか…。

『いや、なんかすっげーカッコイイ人入ってきたと思ったら菅田くんで、俺すげー大好きなんすよ~!』って言われて、・・・あ、(次話すの)俺の番?みたいな(笑)そこで、握手してください!とかあるのかと思ったけど特になくて、僕も『おぉ~ありがとう!』みたいに返して。その後もちょっと間があって、でもこっちをバッチリ見てくれてるから、僕も見返して。男同士、目を見つめ合っている時間があって(笑)

で、あ!そうか、握手かな?と思って。そのとき僕、左手に傘持って右手に荷物持ってたんで、右手の荷物をそろ~っと左手に移動させて、右手を空けたんですよ。握手の準備というか。そしたら、『じゃ、頑張ってください!』って言って店の中に戻っていって。空けた右手は…なんか、分からんけど顔とかを触るしかないっていう(笑)うわぁ~、驕ったなぁ~!って(笑)。何を握手求められると思ったんやっていうね(笑)。」

喜ばしい菅田将暉系ファッションとの出会いの中で、ちょっと切ない体験をしたことを明かした菅田。その後、2人組のもう1人であるピンクのパーカーを着ていた男の子も、パーカーの下が菅田将暉系ファッションだったことが判明したそうで、実際に流行っている光景を目の当たりにした菅田は、「菅田将暉系ファッション、スゴイんだぞっ!(笑)」とおどけてみせた。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「菅田将暉のオールナイトニッポン」
放送日:9月18日(月)25時~27時
パーソナリティ:菅田将暉
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20170919010000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/suda/

番組情報

菅田将暉のオールナイトニッポン

毎週月曜 深夜 1:00 - 3:00

番組HP

映画・ドラマ・CM、そして歌手としても活躍する菅田将暉が、毎週月曜日のオールナイトニッポンで2時間トーク!メールは毎週様々なテーマでお待ちしています。

Page top