榊原郁恵が渡辺徹に抱く「夫婦愛とは違った愛情」

By -  公開:  更新:

6日(金)夜、藤井隆がパーソナリティを務める番組『藤井隆のオールナイトニッポンPremium』の初回放送が行われ、ゲストで登場した榊原郁恵が11月に夫・渡辺徹と2人で夫婦揃って行う舞台『いまさらふたりで』を行うにあたって、現在の思いを語った。

『オールナイトニッポンPremium』は、オールナイトニッポンが今年で50周年を迎えたことを記念し、歴代のパーソナリティを迎えてお送りする新番組で、金曜日は2001年から2003年までパーソナリティを務めた藤井隆が担当する。

冒頭から、「長い間、ご無沙汰しております。藤井隆です。オールナイトニッポンに戻らせていただきました!」という気合いたっぷりな声で、ニッポン放送のスタジオ帰ってきたことを喜んだ藤井。初回となるこの日のゲストは榊原郁恵ということで、無類のアイドル好きとして知られる藤井が、“マイレジェンド”として招いた榊原と共に楽しいトークに花を咲かせた。

榊原といえば、11月28日(火)に、ものがたり朗読『いまさらふたりで』を行うことが決定している。
これは、渡辺徹と榊原郁恵が夫婦2人で公演する舞台で、「いつか2人で共演するなら舞台で」と決めていたという榊原の願いが、芸能生活40年経った今ようやく叶うという特別な公演なのだそうだ。

2人が手作りで行う舞台ということで、現在その準備に四苦八苦しているという榊原。通常はスタッフにやってもらっている劇場の手配や備品の用意など、全て自分でやらなくてはいけない現状に大変さを感じながらも、渡辺と2人、力を合わせて進めているのだそうだ。

夫婦で助け合いながら舞台を成功させるべく頑張る榊原の話を聴いて、藤井は「郁恵さんは、本当に徹さんのことが大好きなんだなと伝わってきました。」とコメント。しかしそんな藤井の言葉に対して、榊原は、仕事場で一緒に過ごす渡辺への思いは、夫婦のときとは少し形が違うのだと語った。

榊原:お互いに芸能人夫婦じゃないですか。

藤井:はい。

榊原:出会った場所も仕事場なわけじゃないですか。そういうときって、顔がいいとかスタイルがいいとか、見た目だったりするけど、違う面が見えたときに人間としていいなって思って、恋愛して結婚するじゃないですか。

藤井:はい。

榊原:でも夫婦のときの渡辺徹さんとの付き合い方と、仕事の上でのパートナーとしての付き合い方は違うんですよ。

藤井:そうですよね。

榊原:「好き」というのとは違って、その人の仕事に対する姿勢とか、“同士”とか“戦友”とか言うけど、この人とだったら仕事場で戦えるとか、そういう感じで信頼を置ける相手というか。

藤井:はい。

榊原:40年やってくると、現場は私より年下が多くなってくるんですよ。

藤井:そうですよね。

榊原:そうすると怒ってももらえないし、指導してももらえないし、自分のことが分からなくなってくるんですよ。そういうときに、仕事の上で「ここを直した方がいい」「違う」と言われるとハッとなるじゃない?(戦友としての渡辺徹は)そういう相手なんですよね。

藤井:その厳しい愛情は、すごく今、心地いいわけですね。郁恵さんにとって。

榊原:そうですね。

舞台の上では、夫としての愛情とは別の“戦友”としての愛情で、渡辺に支えられているという榊原。
過去に2人で出演した最後の仕事は、まだ子供がお腹の中にいた頃だそうで、約29年ぶりとのこと。

芸能生活40年の中で、初めての体験となる夫婦揃っての舞台『いまさらふたりで』に、期待が高まる。

ほかにも番組では、コーナー『プロモーターさんいらっしゃい』を展開。ラジオには、各レコード会社イチオシの推し曲というものがあるが、このコーナーでは、社命を掛けた推し曲をレコード会社の宣伝マン(通称・プロモーター)が生放送でPRし、藤井が感想を述べていく。

過去にレギュラーで放送していた頃は、いつも本番前に局内のCDルームへ行き、CDを聴いていたのだそう。「“藤井くんへ”と書いた箱があって、そこにたくさんCDを入れてくださって、たくさんの曲を聴きました。そのときに各レコード会社のプロモーターにお世話になったことを思い出し、今回思いついたコーナーです。」と、藤井は当時を懐かしみながら、コーナー発足の理由を語った。

今回フィーチャーしたレコード会社は、工藤静香やaikoほか、多数の人気アーティストが所属しているレコード会社・ポニーキャニオン。早速プロモーターが登場したが、まず始めたのは、プロモーターが出演依頼を受けていたときに食べていたという中華丼の話。うずらの卵が美味しいと話す藤井と、きれいに飾り切りされたイカが好きと語るプロモーターのやり取りが一段落したところで、改めてプロモーションへ移ることとなった。

今回のプロモーターの推し曲は、スカートの楽曲『視界良好』。スカートは、ミュージシャン・澤部渡によるソロプロジェクトで、藤井のライブを澤部が見にきたり、藤井の新しいアルバムに澤部が曲を書いていたりと、藤井も普段から親交があるのだそうだ。

「素晴らしい曲を書くアーティスト。老若男女聴き手を選ばない良質のポップサウンドと、陰がありながらも清涼感のある歌詞がいい。」とおススメされると、藤井は「ルックスは愛らしいけど、歌い出すとすごくかっこ良くて。繊細な感受性が歌に表現されていますね。」と絶賛した。

 


Page top