氣志團結成20年。17歳高校生からの意見は「更生」!?

By -  公開:  更新:

9日(月)夜、氣志團の綾小路翔がパーソナリティを務めるラジオ番組『綾小路翔のオールナイトニッポンPremium』に、氣志團メンバーが登場し、番組放送中に“緊急座談会氣志團方向性会議”と称された緊急ミーティングがおこなわれた。

狭いスタジオには綾小路のほかに、メンバーの早乙女光、西園寺瞳、星グランマニエ、白鳥松竹梅が集結。今年で結成20周年を迎えた氣志團のこれからを、5人で考えていくこととなった。

ラジオの生放送を通じて公開で行う会議ということで、番組にはファンからのメールも殺到。その中から、「20年経って、変わったと思うところと変わらないと思うところは、どんなところですか?」という質問に彼らが答えた。

綾小路:どうです?皆さん。変わらないなと思うところは、どこですかね?

西園寺:やっぱりアレじゃないですかね、基本俺と翔やんしか喋らないっていう。

綾小路:あ、そうですね。何しに来たんでしょうね、この人たちね。

全員:あはは(笑)

綾小路:こういうときに発言しないですよね。

西園寺:まぁなかなか難しいよね。俺たち素人だからね。

綾小路:この素人感ですかね、変わらないのは。いつまで経っても慣れないし。業界用語とかも知らないの多いでしょ?「ジングル」って分かります?

西園寺:何となくは分かるけど。

綾小路:ランマ(星グランマニエ)

星:あの~、先程流れた感じのやつですよね?

綾小路:え?なになになになに?

西園寺:ちゃんと説明してよ、人に分かるように。

星:説明?え~っと・・・

綾小路:・・・まぁこんな感じなんですよ。ここは変わらないところですね~。じゃあ変わったなと思うところはどこですか?

西園寺:やっぱフォルムですからね。ホネが太くなるから。

綾小路:ホネが太くなっちゃうんですよね~。言うほど体重は変わってないんですけど。変わったことというと、それぐらいですか?
あとは、みんなが気づかないレベルでバンドが上手くなったりとかね。

西園寺:あ~。

綾小路:みんなが気づかないレベルで歌とか上手くなってるし。みんなに変化を感じさせないけど、ちゃんと良くなってるってとこあるんですよ~?気付ける人すごいなぁ~(笑)

全員:あはは(笑)

さらに番組では、こうしたお便り以外にも、『氣志團の新しいキャッチフレーズ!!』『氣志團の新曲のタイトルを考えてください』『氣志團の方向性をプレゼン!』の3種類のテーマに基づいたメールを募集。

しっかりと考えられたものからそうでないものまで、多種多様のお便りが寄せられ、氣志團メンバーが1つ1つ取捨選択していったが、中でも彼らが一番気になったのが、これからの氣志團の方向性について書かれたあるメールだった。

「氣志團にしてほしいこと、それは更生です。20年もの間、芸能界の不良として音楽を届けてきた氣志團ですが、もういい年なんだから落ち着いたらどうですか?なぁに、簡単です。リーゼント切って七三分けにして、学ラン脱いでスーツ着て、ワイドショー出て政治を語ればいいんです。」という、デビュー前から不良を貫いてきた氣志團のスタイルを根底から覆す内容に驚いたメンバーだったが、それよりも綾小路が引っ掛かったのは、送ってきたリスナーの年齢が“17歳”というところだった。

これに対し西園寺は、「学ラン脱いでスーツ着てワイドショー出て政治を語るのは、キミが言うほど簡単ではないぞ!」と大人目線からの冷静なコメント。綾小路は、「今の不良でこんな格好している人いないわけだから、そんな不良でもないんですよね。どちらかっていうと、ほぼゆるキャラみたいなもの」と自分たちのスタイルについて分析した。

 

Page top