石原詢子 30年前のデビュー日はビールケースの上で歌った!?

By -  公開:  更新:

ニッポン放送のイマジンスタジオから素敵なゲストをお招きしてライブショーをお届けする『中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪』(毎週日曜の朝5時30分から放送!)
司会は中山秀征さん!アシスタントは石川みゆきさんです。


10/22(日)のゲストは、石原詢子さん、岩波理恵さん、三丘翔太さん!


80年代アイドル風の真っ赤なフリフリのミニスカートで登場した岩波理恵さん。元・国内線の客室乗務員だった経歴。20代に見えるスタイルと笑顔ですが、聞いてびっくり! 44歳には見えません。松田聖子さんや森高千里さんのモノマネが得意ですが、新ネタ「アンパンマンとかぜこんこんの戦い」を披露していただきました。


新曲「ハローアゲイン」(10/18発売)は、かつての恋人が偶然再会することから始まる「恋の第2章」がテーマとなった作品。従来の男性ファンはもちろん、カラオケファンの方々にもアピールできる新曲です。


デビュー2年目の三丘翔太さん。イマジンスタジオの客席には、三丘さんの祖父母も応援に駆けつけてくれました。トレードマークの蝶ネクタイは100本を越えたそうです。女心に挑戦したセカンドシングル「虹色の雨」(3/22発売)も好調な売り上げを伸ばしています。


今年10月21日でデビュー30年目を迎えた石原詢子さん。初めて人前で歌ったのは、仙台のスーパーのレジ横! ビールケースをステージにして夕飯の買い物客を相手に歌ったそうです。レコードが全く売れないのをかわいそうに思ったお客さんが何人か買ってくれたとか。デビュー曲「ホレました」は、行ったこともない津軽が舞台で、内心、「こんな歌は歌いくなかった」と思ったこともありましたが、今は、大切な一曲になっています。

<<石原詢子さん情報>>

○石原詢子さんデビュー30周年記念シングルは、まるで〝雪おんな〟になったような女の情念歌った「雪散華〜ゆきさんげ〜」。初回生産限定盤にデビュー曲「ホレました」と15周年記念曲「ふたり傘」も収録。

○2018年のカレンダーは、なんと石原詢子さんの直筆入り! 「写真も書も素敵ですよ」(石川みゆきアナ)

石原詢子さんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://www.junko-ishihara.com

<<岩波理恵さん情報>>

○新曲「ハローアゲイン」(10/18発売)
作詞:津城ひかる 作曲:樋口義高
かつての恋人が偶然再会することから始まる「恋の第2章」がテーマとなった作品です。

岩波理恵さんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://www.top-color.jp/?page_id=5742

<<三丘翔太さんの情報>>

○三丘翔太さんのアルバム&ライブ情報
・11月15日、セカンドカバーアルバム『翔太のお品書き2』を発売。
・前日の11月14日は、「J-SQUARE品川」で『第3回 翔太のお品書きライブ』を開催。

三丘翔太さんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://www.sato-kikaku.co.jp/profile/mitsuoka.html

番組名:中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪
放送日:10/22(日)5:30~6:00

番組情報

中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪

毎週日曜 5:30 - 6:00

番組HP

パーソナリティ・中山秀征のナビゲートによって公開収録ならではの臨場感でアーティストたちの生ライブをお届け。アーティストたちの素顔と本音にも迫ります。
ケーブルテレビ「J:COM」でもご覧いただけます。放送日時など詳しくは、J:COMのホームページでご確認ください。

Page top