変人類学者・小西公大が選ぶ 2018年、注目の“変人”

By -  公開:  更新:

1月4日(木)のニッポン放送の番組『土屋礼央 レオなるど』で、世界中の変わった人が研究対象という変人類学者の小西公大が2018年注目の変人を披露した。

まず1人目はシンガーソングライターのあいみょん

小西)わかってはいるけど、わざわざそんなこと言葉にしないで。言わないで! っていうようなことを歌詞にしていて。憎まれ役を買って出ているような歌詞でこの発想は変わってますよ。

2人目はお笑い芸人・ウーマンラッシュアワー村本大輔

土屋)政治をネタに入れ込んだ漫才が話題でしたね。

小西)まさにそれです。アレはすごかった。

土屋)政治っていうのは密室で話すのはよくても、メディアではあんまりよくないみたいな雰囲気があるじゃないですか。基準とかってどうなってるのかなーと。

小西)だからよく放送で言ったな、と。議論の世界じゃなくてお笑いの世界でやることが面白いからそっちに引き出されないようにやってほしいですね。

そして3人目は、小西先生の兄

小西)アニキは変わってますね。幼稚園のころから電車が好きで。JRの運転手になって、そのあとは寝台列車のカシオペア、そしてとうとう敷島の運転手になったんですよ。

土屋)ちょっとどうにかコネで安く乗れないですかね?

小西)自力でチケット取ってください。子供のころからの夢を叶える、ひとつのことを突き詰められる変人性。変わらないっていう変人ですよ。

他にも変差値を高めて発想を柔軟にする方法、「あるモノを持ち歩く」という話も語っていた。

土屋礼央 レオなるど
FM93AM1242ニッポン放送 月~木 13:00~16:00

Page top