ホラー作家・平山夢明がすすめる死ぬまでに観るべき映画

By -  公開:  更新:

1月10日(水)のニッポン放送の番組『土屋礼央 レオなるど』で、ゲストにホラー作家の平山夢明が死ぬまでに観るべき映画について語った。

今年の初詣は富岡八幡宮にいったという平山。ちなみにおみくじは凶だったそう。そんな平山。実は映画批評も行っていて、リスナーからの「死ぬまでに観た方がいい映画」と「最近観て面白かった映画」について話した。

平山)黒澤明監督の作品は観ておかないと。「七人の侍」、次点で「用心棒」かなあ。死ぬときに流しておきたいのは「ゴッドファーザー」なんだけど。

土屋)僕も大人になってからちゃんと観ようと思って去年観たんですけど、やっぱりグッときますね。ちなみに最近、オススメの映画はありますか?

平山)もう公開されたけど「ドリーム」は面白かったね。あと「シェイプ・オブ・ウォーター」がこれから公開だけど面白いね。

土屋)そうなってくると平山さんは、映画を撮りたいみたいな方の気持ちはないんですか?

平山)あるね。でも先に原稿やれって止められるから(笑)

土屋礼央 レオなるど
FM93AM1242ニッポン放送 月~木 13:00~16:00

Page top