三代目JSB山下健二郎、後輩と3人で“お風呂トーク”

By -  公開:  更新:

9月28日(金)放送のラジオ番組「三代目J Soul Brothers山下健二郎のオールナイトニッポン」に、同日に公開初日を迎えた映画『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』から、「DTC」のダン(山下健二郎)、テッツ(佐藤寛太)、チハル(佐藤大樹)の3人が2時間にわたって生出演した。

佐藤寛太、山下健二郎、佐藤大樹

『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』は、『HiGH&LOW』のスピンオフ最新作で9月28日より3週間限定で全国公開されている。ダン、テッツ、チハルが戦いの日々を終え、バイクで旅に出るというストーリーで、所持金が底を尽いた3人が温泉街の旅館で日雇いのバイトをすることになり、そこで出会う人々とDTCによる、友情・愛情・人情をアクションなしで描いた青春ドラマ。

番組では、山下が台詞合わせ中にうっかり居眠りしてしまった舞台裏話や、共演者やスタッフの話題、プライベートでも仲が良い寛太と大樹が最近の様子についても披露。映画が温泉街を舞台にしていることから、それぞれがお風呂事情についても語った。

山下:僕は一年中、暑い日も湯船につかるようにしている

大樹:一緒です。僕も絶対に入ります

山下:湯船に入らないと気持ち悪いんだよね

大樹:健二郎さん、お風呂好きですもんね

山下:体を温めないとぐっすり眠れないんだよね

寛太:僕は、疲れたら入ります。体力が消耗していないときは、サクっとシャワーだけで済ませていますね

大樹:どこから洗ってる?

寛太:頭→体→顔

山下:え? そうなんだ

大樹:僕はアキレス腱から洗う。末端から

山下:なんで!? 下から洗うの?

寛太:アキレス腱は、末端ではないけれど(笑)

山下:変わっているなあ

寛太:体は手で洗うようにしている。ボディータオルとかは使わなくて

山下:同じ、僕も手で洗っている。本当に足が臭くならないんだけど、それがけっこう自慢。どれだけ運動しても臭くならない。ガンガンに洗う人がいるけれど、それは余計に臭くしているらしいよ。泡で、フワフワフワ~って洗うくらいで汚れは取れるからね

山下は三代目J Soul Brothersのパフォーマーで、かなりの汗を流しているはずだが、臭いの悩みとは無縁だという。無臭の秘訣は体の洗い方にあるようで、ゴシゴシと洗うのではなく、優しく洗っているそうだ。


Page top