人気芸人・四千頭身、M-1途中敗退の敗因と反省「気持ちで負けてた」

By -  公開:  更新:

11月8日(木)深夜、お笑いトリオ・四千頭身の後藤拓実、都築拓紀、石橋遼大がパーソナリティを務めるラジオ番組「四千頭身のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)が放送。先日行われた『M-1グランプリ』の準々決勝で敗退した四千頭身の3人が、番組の中で反省を語った。

これまで度々、同番組の中で、『M-1グランプリ』の話題に触れてきた3人。「今年優勝するのは四千頭身だ」と散々息巻いてきた彼らだったが、結果は決勝に進むことさえできずに敗退ということで、「そうなる可能性はあったとはいえ……」「普通に負けたじゃん……」とがっかりした様子だった。

負けた一因として、やはりほかの芸人たちの勢いが強かったと話す3人は、注目の芸人たちの様子を見て感じた、“自分たちに足りないもの”について挙げた。

後藤:準決勝に進んだ(お笑いコンビの)侍スライスさんは、今年1回戦で、一度落ちてるんですよ

石橋:そうなんですよね~

後藤:再エントリーで1回戦突破して、2回戦、3回戦、準々決勝と突破して、準決勝進出だよ。すごくない?

石橋:1回どん底を見たら強いっていうからね

後藤:どん底を見るのが遅いんだよ、俺たち

都築:もう手遅れなんだよな、ほとんど(笑)

後藤:手遅れだよ

都築:出番前の楽屋に、俺たちと仲がいい(お笑いコンビの)東京ホテイソンがいてさ。ボケ担当のショーゴくんがプロテイン飲んでたもん、普通に

後藤:やばっ……

都築:俺、思わず笑っちゃってさ。「本番直前にプロテイン飲んでんの?」って言ったら、(ショーゴが)「『ベストボディ・ジャパン2018』の楽屋かと思ったろ?」とか言ってきて。

石橋:あはは(笑)

都築:「『ベストボディ・ジャパン2018』の楽屋かと思ったろ?」っていうボケを、ずっと推してきて。もう負けてたわ、そこから(笑)

後藤:そっか、気持ちで負けてたんだ。……確かに、余裕があるんだな

都築:(ショーゴは)そこで一言ボケをかませる余裕があって、しかもそれが面白いっていう……ずっとそわそわしてたもんなー俺たち

自分たちの敗因について、ほかの芸人たちの姿勢と比較しながら語った3人。その後も、「M-1に向けて構えすぎたのかもなぁ」「ここまで来たら決勝行くぞ! みたいな感じになちゃったから、逆にダメだった」「楽しませる側が緊張してたら見る人も楽しめないから、俺たちも楽しくやろうか」などの意見が飛び交い、3人の反省は続いていた。

Page top