女優・上白石萌音がオススメする、最近出会った最高の1冊

By -  公開:  更新:

11月9日(金)深夜、女優・上白石萌音がパーソナリティを務めるラジオ番組「上白石萌音 good-night letter」が放送され、上白石が、“お返事ナイト”と題してリスナーからのメールに答えていく中で、自身が最近ハマっている本について語った。

今回番組では、“お返事ナイト”ということでリスナーから送られてきたメールを次々と紹介。今度ベトナムに引っ越すことになったリスナーから、海外暮らしの経験がある上白石にアドバイスを求めるメールや、雨の日に聴きたい楽曲についての質問メールなどを読み、上白石が一つひとつ丁寧に“お返事”を返していった。

その中に、読書好きな上白石へ、最近のオススメの本について尋ねるメールが。先月までミュージカル『ナイツ・テイルー騎士物語ー』で大阪に滞在していた際にもらった本で、大阪を舞台としたお気に入りの作品があるという上白石は、その内容について熱烈に語った。

(メール)「萌音さんは本を読むのがお好きだと思いますが、最近読んだ本の中でオススメはありますか?今後読む本の参考にしたいので、ぜひ教えてください」

「よくぞ聞いてくれました!最近、本当に本当に大好きな本に出会ってしまったんです。瀬尾まいこさんの本で『戸村飯店 青春100連発』(文春文庫)です。これ本当に最高でした。

ある中華料理さんの二人息子の話で。弟くんはとても人懐っこくて、いろいろなことに対してすごく真っ直ぐに進んでいく子。お兄ちゃんは何に対しても要領が良くて、お勉強もそれなりにできて、そして小説家になりたいと言って大阪を飛び出して、東京の専門学校に通うんです。そのお兄ちゃんが、引っ越しをしていくところから始まる物語なんですけどね……泣きます、これ。私、泣くと思ってなかった。

家族の話なんです。温かい家族愛、兄弟愛の話で。すごくささやかな喜びとか、クスッと笑ってしまうユーモアに溢れた会話とかが、軽快な関西弁で語られていって。もう、すぐに読めてしまう。

“青春100連発”っていうタイトルですけど、まさにその通り。青春が溢れている作品ですね。これを大阪で読んですごく良かったなと思うし、人生で大事にしたい1冊に出会えたなと思います。私、読書好きだけど、同じ本を2回読むってことをあんまりしなくて。でもこの本はもう一度読もうと思っているところです。ぜひ読んでみてください」

メールに対する“お返事”という形で、最近出会った最高の1冊を紹介した上白石。番組も今回で84回目となり、リスナーに対して友達のような感覚を抱いているという上白石は、全てのメールを読み終えたあと「私、『お返事ナイト』大好きなんですよ。毎週でもやってもいいくらい!」と、とても楽しそうな様子で感想を語っていた。


Page top