女優・上白石萌音が考える成長法 「自信」と「過信」と「褒め言葉」

By -  公開:  更新:

3月22日(金)深夜、女優・上白石萌音がパーソナリティを務めるラジオ番組「上白石萌音 good‐night letter」(ニッポン放送)が放送され、上白石が、リスナーからのメールに答えていく中で、“自分自身をすごいと感じること”について持論を展開した。

今回番組では “お返事ナイト”と題して、リスナーから送られてきたメールやハガキを次々と紹介。上白石が旅行したいと思っているというギリシャについての話や、ベトナムに引っ越したリスナーから届いた近況など、上白石が一つひとつ丁寧に読み、“お返事”をしていった。

そんな中、「萌音さんが、最近自分ってすごいと思ったことは何ですか?僕はどうしても、“ここダメだなぁ”“これくらい誰でもできるでしょ”と思ってしまいます。そんな自分を変えるために必要なことや、心掛けるべきことを教えてください」という悩みも寄せられ、上白石は、その悩みに共感しつつ、自身が日々心掛けていることについて語った。

「すごく分かる!なんだろう?自分ってすごいと思ったことあるかなぁ・・・

私も、めちゃくちゃ自信がない人で。私も“すごいね~”とか“あれ良かったよ~”と言われたら、まず疑っちゃうんですよ。どんどんそうなってきているの。別に人間不信というわけじゃないんだけど、ほら、勇気づけるために言ってくれてるのかな?とか…。そんな風に思うことがあって、そんな自分が嫌だったりするんですけど。

でも逆に、その言われた褒め言葉を鵜呑みにせずに、本当にそうだろうか?って思うことは、調子に乗らないために、過信しないためにすごく大事なことだと思っていて。だから私はむしろ、とことん疑おう!と思って。その人を疑うわけじゃなくて、自分が得意だと思っていることとか、よくできたと思えば思うほど、そこを自分で疑っていこうと最近思うようにしています。何事もやっぱり“完成はない”し、終わりはないし、満足することも絶対にないし。だからどこかで、よくやった!自分できた!って思ってしまうことは、逆に危険なことなんじゃないかな?って私は思っていて。

だから、たまに自分を褒めることは大事でしょうけど、そのままで私はいいと思いますよ。そうやって、(人の褒め言葉に対して)本当にそうかなぁ?と思いながら努力することが、一番自分を高めてくれるような、そんな気がします。

“最近自分ってすごいと思ったことは何ですか?”う~ん・・・朝起きて、家から出るまでに5分掛からなかったとき!(笑)」

自分自身の経験を踏まえて、リスナーへアドバイスを送った上白石。このほかにも受験に合格したリスナーにお祝いのコメントを送ったり、これから試験を迎える受験生に応援メッセージを届けたりしながら、リスナーへ丁寧に“お返事”していった。

なお、この『上白石萌音 good‐night letter』は、次週3月29日(金)の最終回放送を、生放送でお送りする予定である。

Page top