中川家、ファンクラブ発足には消極的?

By -  公開:  更新:

11月20日(火)、お笑いコンビ・中川家の剛と礼二がパーソナリティを務めるラジオ番組「中川家のオールナイトニッポンPremium」(ニッポン放送)が放送され、中川家の2人が「もし仮にファンクラブを作るなら?」という話題で、トークを繰り広げた。

リスナーから送られてきた「ファンクラブを作る予定はあるか?」「作るとしたらどんな特典があるか?」といった主旨のメールをきっかけに、2人は自分たちがファンクラブを設立したらどういったファンサービスをしていきたいかについて妄想。よく芸能人のファンクラブで企画されるような、ファンと直接触れ合えるイベントなどの案が出たが、自分たちの性格やファン層を考えると向いていないということで、2人とも消極的な様子だった。

そんな2人も、過去にファンと触れ合うイベントを行ったことがあったそうだが、あまり良い思い出はなかったといい、そのときの状況について振り返った。

礼二:昔あったやん? 若手のときに。「中川家とメッセンジャーと行くスキーツアー」言うて

剛:誰も来てへん(笑)

礼二:誰も来てへん(笑) 当日バス乗り場で「中止です~!」言うて終わり(笑)

剛:それで何回も告知して、次の年の冬やっとギリギリの人数集まって行ったんやけど、誰もスキーやらへん。「スキーできないんです~」って

礼二:俺らも若手で尖ってたし、「なんでそんな客に媚びたことせなあかんねん!」みたいなこと言ってな。ひどいツアーやわ、考えてみたら

剛:いや、ひどかったで~

礼二:あれは、俺らももうちょっと、ちゃんとしとけばよかったな

剛:各部屋回って、サービスするとかね。いや~もうほんまに失礼やったわ

若手の頃に行ったイベントについて振り返り、もう少しファンに配慮すべきだったと反省した2人。その当時上手くできなかった分を取り返すべく、礼二から「番組のスタジオにファンを呼んで、もてなしてみてはどうか?」といった案が出されたが、剛は「人見知りだから」ということであまり気が進まない様子だった。

Page top