お笑いトリオ・四千頭身、「R-1ぐらんぷり」出場を検討するも“自信ない”

By -  公開:  更新:

12月6日(木)深夜、お笑いトリオ・四千頭身の後藤拓実、都築拓紀、石橋遼大がパーソナリティを務めるラジオ番組「四千頭身のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)が放送され、四千頭身の3人がひとり芸No.1を決定する『R-1ぐらんぷり』に出場するかどうかについて話し合った。

番組の中で、12月2日(日)に行われた『M-1グランプリ2018』の話題に触れた四千頭身の3人。今年の『M-1グランプリ2018』ではお笑いコンビ・霜降り明星が優勝したが、以前から交流のある仲間たちが勝ち上がっていく光景を見て、3人は複雑な思いを滲ませた。

四千頭身と霜降り明星は、かつてフジテレビ系列のバラエティ番組『AI-TV』で共演しており、同番組の出演者だったゆりあんレトリィバァなどもブレイク。自分たちも彼らに続いて何かを掴み取りたいと思った3人は、次なる展望として『R-1ぐらんぷり』に出場するか否かについて話し始めた。

後藤:R-1とかどうする? 出る? でも(出るとしたら)俺、マジで緊張するわ

都築:どうする?(口数が少ない)バシ(石橋)が一番勝ち上がったら。もしそうなったとき、俺は掛ける言葉が見つからない、正直(笑)

後藤:え、バシが通過したら? とりあえず、お酒飲んでインスタライブかな(笑) おめでとうっていうことでね

石橋:じゃあ都築が決勝までいった場合は? やっぱりピン芸人の大会だと、(四千頭身ではネタを書いている後藤)拓実が必ずしも一番上にいくとは限らないから

後藤:まぁね、自信ないしね。やっぱりお笑いって、自信ないとダメじゃん?

都築:そうなんだよ、自信がなかったらどんな面白いボケもマジでウケない

後藤:1回戦落ちするくらいなら、絶対出ない方がいいよね

石橋:(他の芸人の場合、相方が)完全にサポート役に徹するっていうのもあるよね

都築:あぁ、そのパターンもあるよね。拓実が書いたネタで、俺がやるとかバシがやるとか

後藤:もし僕が君たちのネタを書いて落ちたら、誰が悪いの?

都築:これは全員平等に悪いと思う

石橋:ネタもそうだし、そのネタを面白くできなかった方もいけないかもしれないし、みたいな

後藤:うわ~いいことないじゃん、R-1ぐらんぷり

都築:これ、出たときの得って何?(笑)

優勝すれば大きな話題となるということで、『R-1ぐらんぷり』への出場を検討した3人。VTuberや映像を駆使したネタで出場するなど様々な案が上がったが、やはり現状はリスクの方が大きそうだと感じている様子だった。

また、12月13日(木)放送の『四千頭身のオールナイトニッポン0』では、3人にとって事務所の先輩にあたるネプチューンの堀内健が登場。具体的な企画内容は未定となっている。

Page top