注目アイドル・眉村ちあき、楽曲制作はおじさんから教えてもらった作曲アプリで

By -  公開:  更新:

2019年1月8日(火)深夜放送のニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』に、2019年1月9日(水)に初全国流通アルバム『ぎっしり歯ぐき』をリリースした、弾き語りトラックメイカーアイドル兼株式会社『会社じゃないもん』の代表取締役を務める眉村ちあきが出演し、作曲を始めた当初の様子について語った。

高校時代にアーティストのBoAに憧れ、ダンスボーカリストを目指していたところアイドルグループに誘われアイドルに、その後ソロアイドルへと転身し、そこで初めて自分で作詞・作曲をしたという眉村。その作曲を始めた時の様子はいったいどういった様子だったのか、当時を振り返った。

眉村:アイドルグループが解散して、ひとりで曲を作って歌って、ソロアイドルとして活動しようと決意しました

田所あずさ(アシスタント):そこで初めて曲を作ったんですか?

眉村:そうです、そこで4曲ぐらい「はいはいはいはーい!」って、iPadのGarageBandっていうアプリで打ち込んでトラックを作って、その4曲でライブをしていたら「なんか手持ちぶたさだなぁ」と思って、しばらくしてギターを始めました

田所:すっご!

吉田尚記アナウンサー:最初、曲を作ることについて、誰かに習ったりとかはしてないんですか?

眉村:教えてくれた人はいます! ピアノを弾くおじさんがいて……

吉田:ピアノを弾くおじさん?(笑)

眉村:その人が「このアプリで曲作れるよ」ってGarageBandを教えてくれて、こうやって作れるんだってそこで知ったんです

吉田:ギターはすぐ弾けるようになったんですか?

眉村:ギターは2日ぐらいだけ練習してすぐライブでやりました。

吉田:文化祭ぐらいの気軽さだね(笑)

その後、現在の作曲方法について「作ろうと思ってGarageBandを開いて、ぽぽぽーいとやって、ギターをはいはいはーいってやれば完成」と語った眉村。音楽的な知識もあまり無いので、譜面も読めないことで、全て自分の耳を頼りに作曲をしているという。また、アルバム『ぎっしり歯ぐき』では、初めて作曲した楽曲『赤いハート』を始め、これまでに作った曲のほぼ全てを網羅した全30曲が収録されている。

番組情報

ミューコミプラス

毎週月曜〜木曜 24:00 - 24:53

番組HP

音楽、漫画、アニメなどのポップカルチャーをいち早くお届けするラジオ!「ミューコミプラス」

Page top