元・週刊文春エース記者が語る嵐の真相「大野さんはジュニア時代にも辞めようとした時期があった」

By -  公開:  更新:

元・週刊文春エース記者で、フリージャーナリストの中村竜太郎が、ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」(1月29日放送)に出演し、2020年12月31日をもってグループ活動を休止することを電撃発表した人気グループ「嵐」について言及した。

今回の決断に至った発端はリーダーの大野智が、活動を休止したい意向をメンバーに伝えたことであるという。ジュニア時代の大野を取材した事がある中村は、「『Kyo to Kyo』っていう京都のステージに大野さんも出演していて、彼はすごく歌とダンスが上手だったんです。」と当時の大野の活躍を明かした。

また当初は、アイドル活動にあまり前向きではなく、ジャニーズを辞めようとした時期があったという。ところが、既に「嵐」としてデビューする事が決まっていたため、ジャニー喜多川社長の説得により、嵐のメンバーに加入。その後、嵐は人気アイドルグループに成長したが、27日の会見で大野は「だいたい3年くらい前からそういう(活動休止したい)気持ち、思いが芽生えてどんどん強くなっていった」と辞めたい意思があったことを明かした。中村は「それ(活動を辞めたい気持ち)がジュニア時代から残っていたのではないか」とし、「本人が優しくて繊細だからこそ、他のメンバーも癒されるというか、そういう関係だったからこそ約20年も続けられたんでしょうね。」と、大野の人柄の良さに言及した。

また、27日の会見で記者から「無責任じゃないかという指摘もあると思う」という質問が物議を醸しているが、中村は「コメンテーターの方で、あの質問を批判する方は多いですよね」と前置きした上で、「確かにあの質問は、これまでのいきさつを聞いたあとでは、唐突で言葉足らず。でも、記者という立場から、緊張感ある質問は、真実味のあるコメントを引き出せるという意味では重要。」と自身の考えを明かした。最後に中村は「それよりも、メンバーがきちんとコメントしたという価値は大きかった。会見は非の打ち所がなく、心がこもっていて素晴らしかった」と語り、この話題を締めくくった。

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

番組情報

垣花正あなたとハッピー!

FM93/AM1242ニッポン放送 月~木 8:00~11:30

番組HP

ふつーの男・沖縄県宮古島出身の垣花正がお届けする、ニッポン放送が自信と不安をもってお送りする朝のワイド番組!レギュラー・ゲストとのコンビネーションもバッチリ!今の話題をハッピーにお届けしていきます!


Page top