泣く泣くボケとツッコミを変更!? フジモンが明かすFUJIWARAコンビ秘話

By -  公開:  更新:

2019年2月8日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週金曜27時~)が放送され、ゲストとしてお笑いコンビのFUJIWARA・藤本敏史と、東京ホテイソン・たけるが登場。 コンビ結成当初、ボケ担当だった藤本がツッコミに変わったきっかけが明かされた。

この日は20代のたける、30代の小宮、40代の藤本という各世代を代表するツッコミ芸人が集結。たけるの自宅をホテル代わりに使用していたお笑いコンビ・2丁拳銃の小堀に対し、藤本が電話で激怒したというエピソードなどが披露される中、結成当初はFUJIWARAのボケとツッコミは逆だったという話題へ。

小宮:元々、FUJIWARAさんはボケとツッコミが逆でしたよね?

藤本:元々、逆。そうよ

相田:あ、そっか。そうなんですよね

藤本:原西がちょっとおかしなツッコミしてたのよ

相田:ふふふふ(笑)

小宮:ああ~動きとかを?

藤本:動きを。ちょっと、手でウエーブを作ってからツッコむみたいな。ごめんな、ラジオでどう言ったら分かれへんけど

相田:はいはい…ダンスっぽい振り付けみたいな?

藤本:ダンスっぽい感じでツッコむみたいな

小宮:それは、原西さんがその動きで勝手にツッコミし始めたんですか?

藤本:いやいや、原西に『コレでやろう』って言われて。動きが面白いっていうのがあったんで

相田:それを活かそうと?

藤本:で、俺のボケは正直大したことないボケやねんけど、原西がそういうツッコミをすることによって、めっちゃウケるのよ

相田:ああ~

小宮:その時、ジェラシーとかなかったんですか?

藤本:あるよ、それはもちろん。『あれ!?これは原西のツッコミで笑っているだけで、俺のボケでは全く笑っていない』みたいな(笑)

小宮・相田:ははははは(笑)

藤本:それで、ある先輩が、『あの原西の動きとかは、ボケ向き』やと

小宮・相田:ああ~

藤本:『あれは、ボケに徹した方が、より面白いボケになるよ』って言われて、(ボケとツッコミを)変わったのよ

相田:へ~…

小宮:それは泣く泣く変わったんですか?ツッコミとかやりたくなかったんですか?

藤本:そらそうよ。どう考えてもボケの方が人気が出るというか

小宮:時代的にもね

藤本:そうそうそう。ツッコミの方が芸人的にランク下みたいな。時代的にやで? 20年以上も前やから。そういう時代やったのよ

相田:はいはいはい。ボケの方が目立ちますしね

一方のたけるは、「僕はただのお調子者でした。前に出て、一発芸をやったり」とお笑いのルーツを語り、自身の代名詞である“備中神楽風”の独特なツッコミを始めたきっかけについて明かした。

番組情報

三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週金曜 深夜 3:00 - 5:00

番組HP

大ブレイク中のお笑いコンビ三四郎が金曜の深夜に大はしゃぎ! おもしろナイトにカモン!カモン!! みんなでワイワイ騒ごうぜ!

Page top