大相撲元横綱・花田虎上 相撲部時代に減量した理由とは?

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「原田龍二DAYS」(6月12日放送)に、大相撲元横綱の花田虎上が出演し、減量エピソードについて語った。


働く人にスポットをあててお送りする『DAYS』。水曜日を担当するのは、俳優の原田龍二。ゲストコーナー『午後のアポイントメント』には、大相撲元横綱の花田虎上が登場。第66代横綱の3代目「若乃花」、「お兄ちゃん」として親しまれた花田虎上。現在は、実業家、タレント、スポーツキャスターとして活躍中。

幼少期から親方でもある父親の厳しい教育を受け、相撲の道を歩んできた花田だが、オシャレをするために減量したというエピソードを告白。

「中学校1年生で、153センチ、100キロだったので…。渋谷のパルコで服を買うのが夢だったんですよ!こんな肥満児が入るような洋服、パルコに売ってないわけですよ!じゃあどうすればいいかと考えた時に、減量しようと!2年間かけて、67キロまで減量しました!その間に痩せたおかげで、身長が178センチまで伸びました!それでパルコに行きましたよ!」

花田の意外なエピソードを聞いて、「パルコで何を買ったんですか?」と興味津々の原田。

「洋服買いました?!なんかオシャレな白い上下の!でも、それ一回だけですね!そこからまた今度は監督に怒られまして!僕、相撲部にスポーツ推薦で入っているのに、減量するとは何事かとなるわけですよ!それで今度はまた太りだして、洋服も着られなくなって・・・それ一回だけですよ!でも思い出にはなったので、すごく良かったなと思っています!」

と相撲をやっていたからこその苦労を明かした。同世代の原田龍二と花田虎上は、腹を割ったトークを番組で行った。

番組情報

DAYS

毎週月曜〜木曜 13:00-16:00

番組HP

『DAYS』=「日々」「お昼」「午後」… “働く人の日々の喜怒哀楽”がテーマです。世の中にはいろんな人々の、いろんな日々があります。そんな日々の嬉しかったこと、悲しかったこと、仕事のこと、家庭のこと。そんな「働く人のDAYS」をお届けします!
(月)安東弘樹DAYS/(火)中川家DAYS/(水)原田龍二DAYS


Page top