CHAGE and ASKA 実質的解散の真相 元文春エース記者・中村竜太郎が分析

By -  公開:  更新:

元週刊文春エース記者でジャーナリストの中村竜太郎が9月3日(火)、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」に生出演。8月25日にCHAGE and ASKAのASKAが、脱退を表明したことについて独自の見解を明かした。

デビュー25周年を迎え、23年ぶりの「熱風コンサート」を開いた人気デュオのチャゲ&飛鳥。熱唱するチャゲ(左)と飛鳥 =お台場野外特設会場 (撮影日2004年08月28日)<写真:産経新聞>

【2人しかいないのに“脱退”のワケ】

ASKAは、8月25日に公式サイトで、これまでの活動に感謝を述べたうえで、『今後の活動を継続していく中で、CHAGE and ASKAというグループを維持していくことが最善の選択なのか、ASKA及びスタッフ一同で話し合った結果、デビュー日という本日をもちまして、CHAGE and ASKAからの脱退を選択することとなりました。』と脱退を表明した。

これについて中村は「2人しかいないのに“脱退”という言葉を使ったのが、2人の心の溝を感じた」と述べた。また「これはあくまでASKAさんの言い分なんですが」と前置きした上で「交渉の際にCHAGEさんが、代理人弁護士を立てたそうで、直接心を向かい合って話せなかったのではないか」と明かした。

さらに、2009年に無期限活動休止を発表した話題に触れ「実は、以前にも解散するという話はあったんです。当時はASKAさんの方から、解散を提案したんですが、事務所の意向により、無期限活動停止という処置にしたんですよね」と解説。

中村竜太郎

【根底にあるのはお金の問題】

今回、ASKAが“脱退”を表明した根底にあるものはいったいなんだったのか。中村は「音楽グループにはありがちなんですが……」と言い添え、「どういう配分にするか? 均等にするのか? フロントマンだから多くするのか? 作詞作曲の配分は? と、金銭トラブルがあったのではないか」と分析。

そして「CHAGEさんは才能もピカイチなんですが、ヒット曲はASKAさんの方が多い」とし、「『CHAGE and ASKA』というブランドがあることによって、チケット収入、ファンクラブに会費を見込めることができ、事務所も潤う」と背景を解説。ASKAからすると「10年前から自分の名前だけで勝負しようとしていたのに、まだ『CHAGE and ASKA』でビジネスをしようとしているのか?」という疑念を持った可能性を示唆した。

CHAGE and ASKAはアジア圏でも人気があり数々のコンサートを開催している。ところが以前、海外公演を行った際に、使途不明金が発生するトラブルがあったという。「ありがちなのが、アーティストが稼いでいるはずなのに、『なぜ自分のところに入ってこないのか?』と不信感を持ったことで、これまで蓄積された鬱憤が今回の“脱退”に至ったのではないか」と分析した。

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-木 8:00-11:30

番組情報

垣花正あなたとハッピー!

FM93/AM1242ニッポン放送 月~木 8:00~11:30

番組HP

ふつーの男・沖縄県宮古島出身の垣花正がお届けする、ニッポン放送が自信と不安をもってお送りする朝のワイド番組!レギュラー・ゲストとのコンビネーションもバッチリ!今の話題をハッピーにお届けしていきます!

Page top