欅坂46・尾関梨香、グループ5年目の目標は「トーク力を身につけたい」

By -  公開:  更新:

9月15日(日)深夜、アイドルグループ・欅坂46の尾関梨香がメインパーソナリティを務めるラジオ番組「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」が放送、結成4周年を迎えた欅坂46のこれまでを振り返るとともに意気込みを語った。

現在、『欅坂46 夏の全国アリーナツアー 2019』を開催中で、結成4周年記念日である8月21日の翌日・8月22日には、横浜アリーナにてライブを行った欅坂46。その際にメンバー全員揃って、大きなケーキを食べながらお祝いしたという。今回の放送では、そうしたエピソードとともに今の尾関の思いが語られた。

欅坂46に加入した当時はまだ18歳だったという尾関だが、当時の思いやこれからの目標など、今自身の中で描いていることを明かした。

「(デビュー曲の)『サイレントマジョリティー』のミュージックビデオの撮影をしたのが、18歳だったんですよね。私は今年22になるので、成人をまたいでいるその期間を、こうやって欅坂として過ごせているっていうのは、本当に自分にとって大きいし、この先、生きていくのに必要となることを、こうして欅坂で学んでいるなって実感しています。

4周年経って、実はやりたいことがいろいろ出てきたんですよね。今は1コしか言わないでおこうと思うんですけど、その1つが、やっぱりトーク力を上げたいっていうことです。やっぱり、こち星(=『欅坂46 こちら有楽町星空放送局』)をやらせてもらっているから、もっともっと話すことをうまくなりたいし……自分の思いが相手に伝わったときってすごく楽しいなって思うんですよ。その瞬間を、もっと味わいたいです。

あっという間に5年目ですけど、2期生が入ってきてくれたことも、グループにとって進化のきっかけの1つだったと思うし。今まで1期生だけでやってきて変化がなかったところも、(2期生が入って)改めてリスタートになったというか。また新しい欅坂46が始まったなって感じることが、本当に多いです。

2期生って個性豊かな子が多くて、9人を1人1人探っていくのもすごく面白くて、それが毎日の楽しみだったりします。5年目も変わらず全員で頑張っていけたらと思うので、引き続き応援の方よろしくお願いします」

欅坂46メンバーとして、また個人としても思いを語った尾関。さらにその後のトークでは、メンバーの武元唯衣をパートナーに迎えて、企画『17歳武元唯衣に17個くらいしつもん!』を実施。矢継ぎ早に出てくる質問に対して、武元が答えた。

番組情報

欅坂46 こちら有楽町星空放送局

毎週日曜日 23:30-24:00

番組HP

週替わりで登場するまったりでゆったりなメンバーと“自販機に投入した100円が返ってこない系メインパーソナリティー”尾関梨香が、ユルく、時にエモく、たまにはエキセントリックに、基本的にはワッハッハッ!ラジオは楽しいな~!…というテンションでマイクの前に座ってお喋りする30分。ながーい番組名は「こち星(ほし)」と省略してOKです!

Page top