桂雀々、常盤貴子に怒られ快感!?

By -  公開:  更新:

落語家の桂雀々が、自身出演のテレビドラマ『贋作 男はつらいよ』(NHK BSプレミアム)の裏側を語った。

2020年1月5日から全4回放送されていた『贋作 男はつらいよ』で車寅次郎を演じた雀々がニッポン放送「高田文夫と松本明子のラジオビバリー昼ズ」(12月16日放送)に出演した。

今作を手掛けたのは、本家『男はつらいよ』を手掛ける山田洋次監督だが、高田が「山田洋次が全裸になって?(笑)」と、ドラマ『全裸監督』に出演する、俳優の山田孝之と掛けたジョークを言うと、雀々は「違うわ!全裸の山田監督は、山田孝之さん! 日本の巨匠になんてこと言うんや(笑)」とツッコむ場面があった。

今回の『贋作 男はつらいよ』の“寅さん”は、関西弁で元落語家という設定。山田監督から「噺家だから左右に目線を振るようにしてみましょう」と、アドバイスされたという。

雀々: 山田監督が稽古つけてくれたんです

高田: 貴重な体験だね

雀々: でもね、「その言い方じゃない。もっとこう」って直してくれて、本読み(※脚本の読み合わせ)でテイク17ですよ(笑)

松本: え~~!

高田: そんな本読みないだろ(笑)!

そして、寅さんの腹違いの妹のさくら役は常盤貴子が演じる。雀々は、「あの目力でいきなり怒られますからね。だんだん怒られてるのが快感になってね『常盤貴子に怒られてるわ~』って」と、常盤の“目力”の魅力について語った。

番組情報

高田文夫のラジオビバリー昼ズ

FM93/AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00

番組HP

高田文夫先生と、キャラクターの濃~いパーソナリティがお送りする「昼休みのお笑いバラエティー」ラジオビバリー昼ズ!

Page top