「マンガ大賞2020」は、山口つばさ『ブルーピリオド』に決定!

By -  公開:  更新:

このたび、書店員を中心にした各界のマンガ好きが選ぶ、2019年の一推しマンガ「マンガ大賞2020」が決定し、本年度のマンガ大賞には、山口つばさ『ブルーピリオド』が選出された。

「マンガ大賞2020」の考対象は、2019年1月1日~2019年12月31日に単行本が出版された作品で、最大巻数が8巻までのマンガ作品。1次選考は各選考員が「マンガ大賞」に推薦したい作品、最大5作品を選出し、2次選考では1次選考で投票数が多かった12(同率順位含む) 作品をノミネート作品とし、選考員は全ノミネート作品を読んだ上で、上位3作品に投票する。これを集計の上『マンガ大賞』が決定となる。

なお選考員は、1次選考には94名が参加し、有効投票作品数は238。2次選考は、93名が参加。すべて、ノーギャラ・ボランティアで、のべ数千冊のマンガを読み、選出した。

<ニッポン放送「ミューコミプラス」に、山口つばさゲスト出演>

また、3月16日(月)24時より放送のニッポン放送「ミューコミプラス」に、山口つばさが出演する。

番組情報

ミューコミプラス

毎週月曜〜木曜 24:00 - 24:53

番組HP

音楽、漫画、アニメなどのポップカルチャーをいち早くお届けするラジオ!「ミューコミプラス」

Page top