入山アキ子、新型コロナ発生前からお年寄りに呼びかけていた感染症予防4つのポイントとは?

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

ニッポン放送のイマジンスタジオから素敵なゲストをお招きしてライブショーをお届けする『中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪』(毎週日曜朝5時30分〜/司会:中山秀征・アシスタント:石川みゆき)。5月3日(日)のゲストは、三船和子さん、大石まどかさん、入山アキ子さんです。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

入山アキ子さんは元看護師さんで、今回の新型コロナウイルスが発生する前から、福祉施設や病院訪問で感染症予防のアドバイスをされていました。そこで、4つのポイントを教えていただきました。

(1)手洗いは30秒(好きな歌を1コーラス)

(2)朝起きたらグチュグチュうがいを!(グチュグチュしてからガラガラうがいを)

(3)身体の力を抜いて呼吸を整える(鼻から吸って口から吐く腹式呼吸を)

(4)「あ・い・う・え・べー」と口を動かして誤嚥予防のトレーニング

「これからも年間99ヵ所を目標に、歌と元気と笑顔を届けて参ります」と入山さん。最新曲『女の恋ざんげ』を、美空ひばりさんの形見のかんざしを刺して歌っていただきました。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

来年(2021年)で30周年を迎える大石まどかさん。デビューしたときのキャッチフレーズは「檸檬のこぶし」だったそうです。懐かしの昭和歌謡は、都はるみさんの『夫婦坂』を披露。

「デビュー前の17歳のとき、事務所の大先輩、都はるみさんのコンサートを母と見に行ったんです。その帰り、レコード会社の部長さんに焼肉をご馳走になったんです。北海道で焼肉といえばジンギスカンだったので、初めて食べた焼肉の美味しさがいまでも忘れられません。都はるみさんといえば、あの焼肉の味を思い出してしまうんです(笑)」

ご当地自慢コーナーで、京都の思い出を話した後、新曲の『京都みれん』をしっとりと歌っていただきました。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

17歳でデビューし、2作目に出した大ヒット曲『他人船』を披露した三船和子さん。新型コロナウイルスの影響で、外出自粛になっていますが、その時間、お庭の手入れが忙しいとか。「秋に球根を植えたフリージアが、いま花盛りなんですよ。挿し木にしたバラから根が出て、これからが楽しみです」。

料理も大好きな三船さんですが、この季節はタケノコ料理! 野菜が嫌いな大学生のお孫さんも「美味しい! 美味しい!」とおかわりをする美味しさだそうです。新曲コーナーでは、ロングヒット中の最新曲『あなたが命』を披露していただきました。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客で収録しました。公開録音を再開する際には、番組内、ホームページ上で改めてお知らせいたします。

 

<<三船和子さん情報>>
○三船和子さんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://mifunekazuko.com

<<大石まどかさんの情報>>
○大石まどかさんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://www.sunmusic.org/profile/oishi_madoka.html

<<入山アキ子さん情報>>
*YouTubeチャンネル『入山アキ子のつれづれ日記』を毎晩配信中です。

○入山アキ子さんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://入山アキ子.jp

番組情報

中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪

毎週日曜 5:30 - 6:00

番組HP

パーソナリティ・中山秀征のナビゲートによって公開収録ならではの臨場感でアーティストたちの生ライブをお届け。アーティストたちの素顔と本音にも迫ります。
ケーブルテレビ「J:COM」でもご覧いただけます。放送日時など詳しくは、J:COMのホームページでご確認ください。

Page top