テレ東・佐久間P、2か月ぶりの再会を撮った『好きです』撮影秘話を語る

By -  公開:  更新:

6月17日(水)深夜、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行がパーソナリティを務めるラジオ番組「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週水曜27時~28時30分)が放送。テレビ東京のバラエティ番組「青春高校3年C組」の生徒からなる“女子アイドル部”が歌唱する新曲『好きです』の、ミュージックビデオについて語った。

テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行

画像を見る(全6枚) テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行

15日に、アイドル部の13人が歌唱する『好きです』のMVが公開。楽曲が秋元康から送られてきたときのことについて、佐久間は「歌詞を見たら驚いてさ」と振り返り、歌詞について「初恋をした女の子が夏休み前にして、好きな人と会えなくなる気持ちを歌った歌なのよ。秋元さんから聞いたわけじゃないけど、多分こういう(コロナ禍の)状況の歌で、それを好きな人と会えない気持ちを掛け合わせて作った歌詞なのよ。これはすごいなと思って」と紹介。

テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行

テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行

男性のレコーディングディレクターによる、仮歌を聞いただけでも感動したそうで「おっさんの声で泣いちゃったからね(笑)」と回想。佐久間が同作のMV監督を務めており、ドッキリ企画を仕込んだ撮影の様子を語った。

テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行

テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行

「生徒たちの気持ちと今のリアルが噛み合う、そういうMVにしたいなと思って。緊急事態宣言が解けた、その日に合わせて、何か月ぶりかのメンバー同士の再会をMVに落とせば、この曲に合ったMVになるんじゃないかなと思い。ドッキリの仕込みは2か月前からスタートしていて、個別に振り付けビデオを送ったり、練習風景を自撮りで撮ってもらったりしました」

テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行

テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行

「いよいよ5月末に緊急事態宣言が明けて、MVも撮れる状況になって、でも生徒達には『こういう状況だから一人ずつ撮ります。場所もバラバラです。MVを撮ることも誰にも言わないでください』と伝えて。

撮影当日は、メンバーの13人、一人一人にスタッフが家から密着をしたんです。彼女達が携帯で誰かと連絡を取ったらバレちゃうから、ドッキリがバレないようにする為だけにスタッフに張り付いてもらって(笑)」

テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行

テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行

「撮影場所(学校)に一人目の子が来て、その10分後くらいに次の子に来てもらって。僕は遠巻きに見ながら『出会ってくれー!』って祈って待っていたら、インカムに『泣きました! すげー、泣いてます!』って連絡が入り、企画が成功しました」

テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行

テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行

スタッフがアイドル一人一人を密着するという、厳戒態勢の甲斐もあり、ドッキリは成功。一人だけで行われると思っていたMV撮影で、数か月ぶりに同志と出会い、おもわず泣いてしまうメンバーもいたという。中には、真っ暗な廊下のトイレの前で出会ってしまったメンバーもいたそうだが、「この表情は二度と撮れない」という判断で、撮り直しはしなかったと語った。

 

番組情報

佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週水曜 深夜 3:00 - 4:30

番組HP

テレビ東京のプロデューサー佐久間宣行が、ニッポン放送の「オールナイトニッポン0(ZERO)」に挑戦! 会社員のテレビマン、44歳で既婚者、中1の娘がいる普通のおじさんが、一生懸命しゃべります。最年長パーソナリティがお送りする「テレビ東京×ニッポン放送・メディアミックス ラジオ番組」です!

Page top