欅坂46新2期生「初めて腰を抜かしました(笑)」人生最大の“ピンチ”エピソード告白

By -  公開:  更新:

7月19日(日)深夜、アイドルグループ・欅坂46の尾関梨香がメインパーソナリティを務めるラジオ番組「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」(ニッポン放送・毎週日曜23時30分~)が放送され、欅坂46新2期生が大学での実習中に経験した、ある“ピンチ”な出来事が語られた。

新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で、ここ数カ月自宅からのリモート放送で進行してきたこの番組だが、前回からスタジオで収録。今回の放送では、欅坂46新2期生の守屋麗奈を迎え、企画『はじめまして守屋麗奈です!』を展開した。

この企画は、番組初登場の守屋に様々な質問をして、まだ知られていない一面を引き出していくといったもの。影響を受けた人物を聞かれ、憧れだった幼稚園の先生を挙げた守屋は、それにまつわる“人生最大のピンチ”となったエピソードを明かした。

守屋:大学で、ある実習が2週間あったんですけど。始発の電車に乗らなくちゃいけなくて。すごく遠い場所にあって、朝早い上に片道2時間掛かって…

尾関:え、めちゃ遠い

守屋:帰りも結構遅くて、帰ってからも記録書いたり、山積みの課題があったりして、睡眠時間が2時間取れればいい方で、精神的にもズタズタになってきて

尾関:いや~キツイよね

守屋:で、ある朝起きたら、始発の電車が行っちゃった後で。びっくりしすぎて、人生で初めて腰を抜かして(笑)

尾関:(笑)

守屋:とりあえず行けるところまで電車で行こうと思って家を出て、そこからバスに乗らなくちゃいけないんですけど、バスの本数も全然ないから、タクシーを見つけてダッシュで行って、本当に危機一髪で間に合いました

尾関:いや~ピンチだね。え、実習は何をやってたの?

守屋:保育系の実習で幼稚園に行ってました

尾関:そっかそっか、確かに大事だね。やっぱり子供も見てるから、遅刻はしちゃいけないもんね

子供たちと遊んだりピアノを弾いたりと、実習の内容についても明かした守屋。

過酷な実習生活の中での失敗談に、尾関も共感を示していた。また、企画の中ではこのほかにも、「人生で一番痛かった思い出」「番組でやってみたいこと」といった質問が挙げられ、守屋が1つ1つ答えていった。

番組情報

欅坂46 こちら有楽町星空放送局

毎週日曜日 23:30-24:00

番組HP

週替わりで登場するまったりでゆったりなメンバーと“自販機に投入した100円が返ってこない系メインパーソナリティー”尾関梨香が、ユルく、時にエモく、たまにはエキセントリックに、基本的にはワッハッハッ!ラジオは楽しいな~!…というテンションでマイクの前に座ってお喋りする30分。ながーい番組名は「こち星(ほし)」と省略してOKです!

Page top