交際経験ゼロの吉住、「THE W」優勝賞金1000万円を元手に、後輩1人1人呼び出してデート?

By -  公開:  更新:

1月4日(月)深夜、「女芸人No.1決定戦 THE W 2020」で優勝したピン芸人・吉住がパーソナリティを務める特別ラジオ番組「吉住のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・27時~28時30分)が生放送。優勝賞金1000万円の使い道について語った。

吉住は、昨年2020年末の「THE W」で野球の女審判のネタと、銀行強盗のネタを披露して優勝。ダウンタウンの松本人志からは「確実に安定してたし、優勝はぶっちぎりというか間違いなかったんじゃないでしょうかね」と絶賛されていた。

同賞レースでは芸歴や国籍の制限もないことから、吉住は「実質、いま地球上にいる全女性の中で私は一番面白い人間ということになります!」と、番組冒頭から豪語しつつも「私は今年31になるんですけど、誰とも付き合わずにコントだけを作り続けていたんですよ? そんな人間が報われなかったら、これは嘘だろうと思っている」と自虐。

番組リスナーから、吉住のイメージについて「ブルーボトルコーヒーでノートパソコンを広げ、ネットサーフィンだけして帰っていそうだ」という内容のメールが届くと、「当たっている」と回答。続けて、「私はマックブックを使っているし、オシャレだと思われたいんですよね。あと、そういう所にいる男の人をちょっと引っかけたいと思ってる節がある」と暴露し、次は賞金1000万円を使ってお洒落してから行きたいとのこと。

大金を手にした吉住から“お金を借りたいクズ”を募集するコーナーで、リスナーから「1000万円貸してください。マッチングアプリで出会ったイケメン11人を集めてサッカーチームを作りたい」というメールが届くと、再び大金の使い道について想像を巡らせた。

「私がそれをやりたいから、ちょっと貸せないなぁ。野球が好きだから(イケメンを)9人集めて野球チームを作ろうかな?

お金を持ったら人が変わると、自分で思うんですよ。本当にイヤな人間になると思うんです。先日、後輩に結構な額を奢って、お寿司を食べさせてあげたんですけど、『この時間を買ってる』って思いながらそのお金を使ったんです。後輩何人かを集めて、優勝賞金の1000万円を使って、寂しい私の相手をしてもらうっていうか。でも、1人1人を呼び出して、デートみたいな感じで使えば良かったと思っています(笑)」

1000万円を使って後輩芸人を1人ずつ呼び出し、デート風なことをしたいと語った吉住。

また、番組中盤には「THE W 2018」優勝者である、阿佐ヶ谷姉妹がゲストとして生出演。「人に話すほどでもないお悩み」をテーマにリスナーから届いたメールに、吉住と共にアドバイスを送った。

Page top