「キスと間違えて……」櫻坂46・齋藤冬優花が明かす、尾関梨香の恥ずかしいエピソード

By -  公開:  更新:

1月17日(日)深夜、アイドルグループ・櫻坂46の尾関梨香がメインパーソナリティを務めるラジオ番組「櫻坂46 こちら有楽町星空放送局」(ニッポン放送・毎週日曜23時30分~)の中で、メンバーの齋藤冬優花が、尾関の恥ずかしい“聞き間違い”エピソードを明かした。

欅坂46・尾関梨香、齋藤冬優花 ※2019年10月20日(日)放送分収録時の写真

毎回メンバーの1人をパートナーに迎えてトークしているこの番組だが、今回は齋藤冬優花が登場。今回はリモート放送ということで、いつも収録しているスタジオではなく、それぞれ別な場所から展開。画面越しにトークや企画などを行い盛り上がった。

登場時の自己紹介で、名前の前に「最近特に尾関(のこと)が大好きな」と付け加えた齋藤。その理由として齋藤は、最近尾関がやってしまった聞き間違いが面白かったことを挙げ、詳細を語った。

齋藤:最近よく楽屋で、尾関が近くにいることが多い気がしてて

尾関:そうだね、一緒の空間にいることが多い気がする

齋藤:なんで一緒にいて楽しいかっていうとさ、尾関が言葉の聞き間違いとかそういうのが多くて(笑)

尾関:多い。多分ね~単純におバカ(笑)

齋藤:そういうので、みんなで盛り上がったりするじゃん。最近のでいうとさ、大きさの“大・中・小”の意味で「私、中でいいや」って言ったときがあったんだけど

尾関:そうだね

齋藤:おぜ(尾関)がその“中”を、キスの方の“チュー”と間違えて。「え、チュー!?」みたいな感じで、1人でワタワタしててさ

尾関:そう、なんか小学生男子みたいなね(笑)

齋藤:1人で楽しそうにゲラゲラ笑ってて、そういうのが、くだらないんだけど、些細なことでも笑いになって面白いなっていうね

尾関:いや~みんながそれで笑ってくれているなら何よりです

齋藤:(笑)

こうした聞き間違いなど、面白いことが起きやすい尾関と一緒にいることが「楽しい」と、まさに楽しそうに話す齋藤であった。

その後は、2人で企画『櫻50音表!』を展開。リスナーから送られた“あるシチュエーション”と“その場面に適した(リスナーが思う)正解のセリフ”に2人がクイズ形式で答えていく企画で、「“お”で始まる、ファンから言われてショックな言葉は?」などの問題にそれぞれ答えていった。

番組情報

櫻坂46 こちら有楽町星空放送局

毎週日曜日 23:30-24:00

番組HP

まだなんの色にも染まっていない櫻坂46が未来に向かって枝葉を伸ばす30分番組「櫻坂46こち星」。メインパーソナリティは尾関梨香 。週替わりで櫻坂メンバーが登場します。

Page top