水溜りボンド・トミー、コロナ禍で存続危機のライブハウスへ44万円支援

By -  公開:  更新:

1月28日(木)深夜、YouTuber・水溜りボンドのトミーとカンタがパーソナリティを務めるラジオ番組「水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週木曜27時~28時30分)が放送。コロナ禍で苦境に直面しているライブハウス「中野twl」のクラウドファンディングについて紹介し、生放送中にトミーが44万円を支援した。

東京都中野区にある、座席数40ほどの小劇場・中野twlは、サンドウィッチマン、オードリー、マヂカルラブリーといった人気芸人らが、ブレイク前に利用していたことから“関東のお笑い芸人達の聖地”として知られている。

しかし、2020年から続く新型コロナウイルスの影響で利用客は激減。存続が危ぶまれたことから、中野twlはインターネットを通じたクラウドファンディングで500万円の資金を募集(※2021年1月30日に募集を終了)。

水溜りボンドも、お金が無かった学生時代やYouTubeを始めた頃に同施設を利用していたと、当時の思い出を振り返りつつ、クラウドファウンディングについて紹介した。

トミー:中野twlは、駅からけっこう遠い所にあるんだけど、安いから。僕らも大学生ぐらいの時、お笑いサークルのみんなで借りて、ネタをやってね。

カンタ:僕らも結構思い出があるんですよね。

トミー:そうですね、かなりありますね。

カンタ:あそこで初めて、プロの芸人さん「虹の黄昏」さんにも会って。

トミー:その時はお客さんが8人しかいなくて、一言目に「おい、ドアを全部閉めろ! 逃げ出す奴がいるから!」って(笑)

カンタ:それで、会場が割れるぐらいウケて(笑)『プロのお笑い芸人、すげぇー!』って思ってね。

トミー:大学生の時も使っていたし、自分達のYouTubeのオフ会も、料金のこともあったから、中野twlしか借りられるところが無くて。バイトして借りて、2人で初めての単独ライブをやったのが中野twl。

カンタ:5年前とか6年前だよね。

トミー:お金がないのにその日は雨が降ったから、タクシーを借りて道具を運んで。

カンタ:でも、会場が埋まっているのを見たときは感動したよね。だから、僕らにとってめちゃくちゃ思い出深い場所ですが、今、コロナの影響でかなりピンチだそうで。

トミー:経営が?

カンタ:そう。それで、クラウドファンディングをしていたんです。

トミー:そんな、本当にもうやばい状態なんだ。いくらぐらい募集してるの?

カンタ:500万円必要だと。

トミー:500万!?

カンタ:で、お世話になったので、僕は8万円分ぐらい支援させていただきまして。

トミー:すごっ!

カンタ:これを何で今話しているかと言うと、実は今日がクラウドファンディングの最終日なんですよ。で、現時点で456万9,500円集まっていて。

トミー:すごい!

カンタ:目標の500万円まで、あと44万円ぐらいです……。

トミー:ほう。

カンタ:トミーさん、この44万円を……。

トミー:……えっ、俺が!? 1人で!?

残りの44万円を支援するよう促がされ、思い出の地を救う為とはいえ、さすがに困惑したトミー。その後もカンタの説得は続き、8万円の『劇場使用権コース』を44万円分買い、緊急事態宣言の影響で中止となったラジオイベント『水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)リスナーアミーゴフェスティバル』の開催を提案。

まさかの計画に、トミーも「国際フォーラムホールAでやろうとしていた“アミフェス”を中野twlで!?」と突っ込んだが、最終的には笑いながら「ちょっと、じゃあ、払うわ」と言い、その後すぐ、生放送中に44万円振り込み漢気をみせた。

番組情報

水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)

月1回土曜 深夜 3:00 - 4:50

番組HP

人気動画クリエイターの水溜りボンドが、月1回の土曜日のオールナイトニッポン0を担当。 水溜りボンドの頭脳担当トミーと、かわいい担当カンタによるANN初のYouTuberラジオ。 多くのバズリ動画を配信してきた2人が、バズるラジオを目指します!

Page top