人気声優・伊東健人&神尾晋一郎「主に、ラブポーション」 オリジナルドラマの魅力を語る

By -  公開:  更新:

5月16日(日)深夜、バーチャルMC・一翔剣(吉田尚記アナウンサー)がパーソナリティを務めるラジオ番組『ミューコミVR』(ニッポン放送・毎週日曜日23時30分~)が放送。『ようこそ妄想営業部へ』に出演している人気声優の伊東健人と神尾晋一郎が、現在公開中のオリジナルドラマや、作品内で自身が所属している部署について語った。

番組内では、コーナー『サポーターズVR by アニマックス』を展開。アニマックスは、最新のヒットアニメから不朽の名作アニメまで、幅広い世代が楽しめるアニメ専門チャンネルで、声優の魅力に迫るインタビュー番組や声優ライブの独占生放送などのオリジナル番組も多数。動画配信サービス『アニマックス プレミアムVOD』では、人気声優のオリジナル番組や生配信、ANIMAX MUSIXのアニソンイベントなどのオリジナル番組を視聴することもできる。

現在このコーナーでは、6月27日(日)に実施されるイベント『ようこそ妄想営業部へ♥Season3』に向けて、『ようこそ妄想営業部へ』を特集。この『ようこそ妄想営業部へ』は、架空の商社・イケボ商事を舞台に、スーツを着た人気男性声優たちが繰り広げる、視聴者参加型の即興ドラマバラエティとなっている。今回はその声優陣の中から、伊東健人と神尾晋一郎がゲストに登場した。

『ようこそ妄想営業部へ』では、『アニマックスプレミアムVOD』でしか見られない“部署別”のプロローグドラマを配信中。放送日である16日(日)の時点では妄想営業部と経理部のドラマが公開中で、17(月)からは人事部、27(木)からは研究開発部のドラマが順次配信となっており、伊東は妄想営業部所属の伊東ケント役を、神尾は研究開発部所属のシンイチロー・神尾役を、それぞれ演じている。2人はドラマの内容や、それぞれが所属する部署について語った。

吉田:妄想営業部は、西山宏太朗君と伊東君のドラマ。経理部は完全に何かが間違った人間関係で、ちょっと味濃くなってきますよね

神尾:(経理部に所属する)駒田航君が出ると、基本的に……高笑いしかしてないですからね

吉田:コマ~ダ!ワタ~ル!って言ってますからね(笑)

伊東:最初に出てきたときに、それをやってしまったばっかりに

神尾:やらざるを得なくなるという……自分で自分の首を絞めるスタイルですね

吉田:妄想営業部は花形らしいんですが、その妄想営業部が売っているものが何かというと、研究開発部が開発したものなんですよね

伊東:それが、ここで明らかになる

神尾:主に、ラブポーションからラブポーションまで

吉田:狭い狭い(笑)

伊東:それが売れて、今に至るんですよね

神尾:そうです、それが財源ですから。研究開発は楽しいですよね。会社の予算を湯水のように使って、「売るのはオメェらだからな」って(笑)

吉田:日本の場合であれば、ノーベル賞を取るような人が出る部署ですから。別の意味での花形ですね

どのような作品なのかを“妄想”させるトークを展開した2人。またこの後には、リスナーから募集した妄想セリフに、吉田が演出を付けてキャストに演じてもらう企画『夜の妄想営業部』も展開し、伊東と神尾がそれぞれ“イケボ”を披露した。2人は次週も引き続き、番組に登場する。

番組情報

ミューコミVR

毎週日曜日 23:30 - 24:30

番組HP

ニッポン放送初のVRアナウンサー「一翔剣(いっしょう・けん)」がお届けする、カルチャー・エンタメプログラム。YouTube Live上に『VR』空間を展開し、60分のラジオ番組を同時生配信! 一翔剣は、2019年に"HoneyWorks"ヤマコ氏のデザインによるVRアナウンサーとして活動開始。今回、アイドル・アーティストとして活動する西井万理那(ZOC)、末吉9太郎(CUBERS)を番組パートナーに迎え、『VR』空間でコラボレーションしていく!!


Page top