手越祐也、人生初の始球式に挑戦! 初マウンドは「神聖な雰囲気がありました」

By -  公開:  更新:

手越祐也が5月18日、横浜スタジアムで行われたプロ野球 横浜-中日ドラゴンズ戦で、人生初とな始球式に挑戦した。

横浜スタジアムで「J:COM スペシャルナイター」開催

横浜DeNAベイスターズのオフィシャルスポンサーである株式会社ジェイコム湘南・神奈川は、5月18日の横浜 DeNAベイスターズ対中日ドラゴンズ戦(横浜スタジアム)に冠協賛し、「J:COM スペシャルナイター」と題して、始球式をはじめ、様々なイベントを実施した。

始球式には、横浜市出身のタレント・手越祐也が登場し、人生初となる始球式に挑戦。渾身の投球はワンバウンドしたものの、試合前の球場を熱く盛り上げた。

手越祐也

手越祐也

<手越祐也インタビュー>

◆人生初の始球式を終えられて感想は?

出る前からすごくわくわくしましたし、今日球場に来られたファンの皆様から、関係者の皆さまから、選手の皆様から暖かく受け入れてくださったので、リラックスして投げることができました。マウンドは独特な雰囲気も、神聖な雰囲気もありました。低めに投げるというのが目標だったので、その目標は達成できましたし、暴投は絶対したくなかったので、気持ち良く受け入れてくださったおかげで、僕自身もすごく大切な思い出ができました 。

◆ご自身で点数をつけるとしたら?ご自身で点数をつけるとしたら?

一発勝負ということを加味したら、80点くらいはあげてよいと思います。

◆ファンの方に一言メッセージを

僕に野球というイメージがない中で、受け入れてくださった受け入れてくださった横浜DeNAベイスターズファンの方々に感謝しています。本当にありがとうございました。僕としては、スポーツ全般に対して、心からリスペクトしているので、サッカー・野球に問わず、いろいろなスポーツの力になれる機会があれば、全力で頑張りたいと思います!

★画像提供:横浜DeNAベイスターズ「J:COMスペシャルナイター」

 


Page top