佐久間宣行P、事務所移転早々から大災難に合う「何が起きたの!?って」

By -  公開:  更新:

5月19日(水)深夜、テレビプロデューサーの佐久間宣行がパーソナリティを務めるラジオ番組「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週水曜27時~28時30分)が放送。自分と妻の部屋を交換して起きた、災難について語った。

佐久間は今年2021年3月いっぱいでテレビ東京を退職し、4月から独立。元々は自分の部屋を事務所代わりに使っていたが、会社にあった荷物で自分の部屋がいっぱいになってしまい、妻が使っているベランダ側の広い部屋と交換、“事務所移転”が行われたという佐久間。

先週、ラジオの生放送を終えて早朝5時前に帰宅。そこから娘の弁当を作り、急ぎの仕事をし、6時半頃になって寝ようとしていたところ、事件は起きたと語った。

佐久間宣行

「6時半近くになって、ベッドに入ってもう寝ようと思ったら、娘と奥さんが起きてきて。奥さんが『うわぁー!』って言って、僕の部屋を開けて『ねえパパ、雨が降っているから洗濯物を中に入れておいてよ~!』って言われたの。でも、僕は眠くて『知らないよ。眠いんだよ……』って言っちゃったの。

言った瞬間から間違えた、失敗したって分かっていたんだけど、奥さんから『事務所を移転したんだから、ベランダの洗濯物を入れるのはあなたの役割です!』って。『ベランダに近い人間として、“ベランダ国”の人間として、洗濯物を取り込むのは、この広い部屋をもらった人間の税金みたいなものです!』って言われたんだけど、『うるせぇなぁ』って思って(笑)」

佐久間宣行

「これは完全に僕が悪いから謝らなきゃダメ。だけど、『眠い、眠い!』って言って、寝ちゃったのね。というか、寝たフリなんだけど。そうしたら奥さんが、ラジオ終わりで疲れているのを悟ってくれて、ベランダに行って洗濯を取り込んで。家の廊下の辺りで、洗濯物をかけている音がしたのね。それで僕はそのまま寝ちゃって。

13時からリモート会議があるから12時45分に起きて、トイレに行きたいなと思って部屋の扉を開けようとしたら開かない。もう、ドアノブも動かないわけ。何が起きたの!? ってドアを何回もガチャガチャするんだけど開かない! ガチャガチャしたら1センチぐらい開いてのぞいたら、ベランダから取り込んだ、洗濯物を干すピンチハンガーが外のドアノブに引っ掛けてあったの! それが引っかかって、ドアがピクリとも動かなくて、外からロックされた状態。オレ、自分の部屋に閉じ込められたの!? っていう」

佐久間宣行

「13時から大事な会議があるし、ベランダに出てみて、娘の部屋とリビングに通じるドアを何回も見たけど、がっちり閉まっている。ベランダで結構大きな声で『クソッ!! なんでセキュリティちゃんとしてるんだよ!』って叫んだ(笑)」

ピンチハンガーがドアにガッチリ挟まり、部屋から出られなくなったという佐久間。その後、「誰か出してくれ!」と叫んだり、同じマンションに住む妻の母親に電話したが繋がらず、結局、力技でハンガーを吹き飛ばして脱出したそうだ。

番組情報

佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週水曜 深夜 3:00 - 4:30

番組HP

元・テレビ東京のプロデューサー佐久間宣行が、ニッポン放送の「オールナイトニッポン0(ZERO)」に挑戦! フリーのテレビマン、45歳で既婚者、娘がいる脱サラおじさんが、一生懸命しゃべります。最年長パーソナリティがお送りする「メディアミックス ラジオ番組」です!


Page top