辛坊治郎「大きな船に踏んづけられたら、もう即死ですからね」 いよいよ米大陸が近づいてきたヨットから航海状況を報告

By -  公開:  更新:

ヨット太平洋単独無寄港横断に出航したキャスターの辛坊治郎が6月7日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」にヨット太平洋単独無寄港横断中の船上から電話出演。いよいよ到着が見えてきたいまの状況について語った。

ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」では、番組パーソナリティの辛坊治郎がヨット太平洋単独無寄港横断に挑戦している間、“スペシャルパーソナリティ”たちが“留守番”をしているが、番組では「生存確認テレフォン」と題して、辛坊に持たせた衛星携帯電話へ毎回必ずかけることとなっている。

辛坊は4月9日午前9時17分に大阪府岬町の淡輪ヨットハーバーからKaorinV(カオリンファイブ)号で出港したが、日本時間で6月7日17時、現地時間で6月6日23時、ゴール地点のアメリカ・サンディエゴまであと約1600キロの太平洋上におり、全行程の82%を達成した辛坊へ、この日スペシャルパーソナリティを務める立川志らくとアシスタントの増山さやかアナウンサーは電話を掛けた。

「今日ね、空見上げてたら、飛行機雲見ましてね!」

明るい元気な声で報告する辛坊。

KaorinV(カオリンファイブ)号

KaorinV(カオリンファイブ)号

「たぶん、サンフランシスコかロサンゼルスに向かうジェット旅客機だと思うんですけど、すごく高いところに一本の真っ白な飛行機雲が見えてですね。ああ、なんか文明社会が近づいてきたなと」

飛行機雲は、いよいよアメリカ大陸が近づいてきたことの証左であるが、その表現に思わず笑いがこぼれるスタジオの2人。ただ、ポジティブなことだけでもないようである。

「だからですね、大型商船とか貨物船にぶつかる可能性も出てきているわけですよ。だから夜でもずっと見ておかなきゃいけないんですよ」

その大変さに息をのみながらも、「前回クジラにぶつかって、今回大きな船にぶつかったらシャレにならないですもんね」と返す志らく。

「大きな船に踏んづけられたら、もう即死ですからね(笑)」

……しれっと大変なことを言う辛坊に、増山アナも「ひとたまりもないですもんね、そうなっちゃったら」と反応。

「まあ、それは運だからしょうがないんでね。避けられるものはよけるけど、避けられないものは避けられないですから」

ある程度割り切っていないと、こんな大航海はできないのかもしれない。そして、

「たぶん、来週のね、月曜日は無理だと思いますけど水曜か木曜くらいだと思います」

到着見込みについて、このように伝えた辛坊。

増山さやかアナウンサー、立川志らく

増山さやかアナウンサー、立川志らく

「2か月間、ひげ伸ばしっぱなしですからね、ほぼ仙人ですね」

スタジオから現在の風貌を聞かれ、このように答えた辛坊であるが……

「でもね、誰かとあう訳じゃないので、鏡もほとんど見てないからよくわからないんですよ。自分のことなんか。でも、髭はかなり伸びてますね」

と補足説明。すると、「へー! サンタクロースさん並み?」と興味津々の増山アナ。

「そうそう、時々ひげをヘアブラシでとかしてやろうかと思うくらい伸びてます」

どんどん、その風貌の「実際」を見たくなってきたスタジオ。「じゃあ、到着したときにひげ伸びたまんまでいてくださいよ。そっちのほうが、カメラとかで撮る時おもしろいもん」と志らくが言うと、「ぜひ、そのまんまでお願いします」と伝える増山アナであった。

「楽しみにしておいてください!」

と答えた辛坊は、つづけて増山アナから今後の気象予報を聞くと、

「ありがとうございまーす」

と伝え、辛坊の「気をつけて!」、増山アナの「頑張ってください!」のエールを聞きながら、アメリカ大陸へ向けて、引き続き航海を続けた。

番組情報

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!

月~木曜日 15時30分~17時30分

番組HP

太平洋横断にチャレンジする、辛坊治郎の帰りを待ちながら、期間未定で日替わり助っ人パーソナリティがいま一番気になる話題を忖度なく語るニュース解説番組。
[パーソナリティ]月曜:立川志らく/火曜:週替わり/水曜:吉田尚記アナウンサー/木曜:飯田浩司アナウンサー
[アシスタント]増山さやかアナウンサー


Page top