R-指定「細い男の人が……」「ホスト風の人から……」ファンに声を掛けられまくったエピソード

By -  公開:  更新:

7月13日(火)深夜、ラッパー・R-指定とターンテーブリスト・DJ松永による音楽ユニット・Creepy Nutsがパーソナリティを務めるラジオ番組「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週火曜27時~28時30分)が放送。コロナ禍前・後で大きく変わったというファンからの声のかけられ具合について、過去のエピソードを明かした。

DJ松永:「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日系)放送時、すごかったよ。渋谷を歩けば絶対に声をかけられて、行く手を阻まれるのが毎回だったじゃん?(「フリースタイルダンジョン」は昨年2020年6月まで放送され、R-指定は“ラスボス”として出演していた。)

R-指定:当時は(コロナ禍ではなかったから)マスクをしていなかったしね。

DJ松永:「フリースタイルダンジョン」放送時、特に初期の方はすごかったよね。

R-指定:あの時は「フリースタイルダンジョン」に出演していた全ラッパーがヤバかったんちゃう? でも般若さんとか、漢 a.k.a. GAMIさんにはみんな近付けなくて……。

DJ松永:あー、怖い系の人にはね。

R-指定:近付けないからか、般若さんは品川の駅とかで後を付け回されたり、盗撮とかもあったみたいな。まあ、あの時はそうですね、いっぱい人が来ましたね。マネージャーさんと一緒に渋谷を歩いていたら、細い男の人がバーっと走って来て、「Rさんじゃないっすかぁ! 写真とかどうっすか!?」って。

DJ松永:(笑)

R-指定:え、俺が欲しがってるってこと? っていう……。まあ、その場の流れで俺も「ゼヒ」って言ってしまったけど。

DJ松永:撮りたかったの?(笑)

R-指定:いや、流れで言ってしまった。ラーメンの「神座」へ行って食べていたら、向かいの席のホスト風の人から「あっ! 写真撮っていいっすか!?」って言われたこともあって。

DJ松永:やだなー!(笑)

R-指定:向こう岸から、俺がラーメンを食べている様子を写真で撮っていて。

DJ松永:えっ、その人が向かい側にいるって環境でラーメン食べるの?

R-指定:そう。

今はコロナ禍でマスクをしていることもあり、声をかけられることが無くなったそうだが、以前はいたる所で声をかけられていたと振り返った2人。

特にR-指定は「フリースタイルダンジョン」に出演する前から、日本最高峰のMCバトル「UMB」で全国3連覇を成し遂げる活躍をしていたこともあり、街で声をかけられるのが早かったという。

22歳くらいの頃、R-指定とDJ松永が一緒に空港を歩いていると、修学旅行生の集団に「うわぁーっ! R-指定だー!!」と騒がれ、ちょっとしたパニックになったそうで、DJ松永は「あの時はマジで震えたもん!」と回想。学生達の盛り上がりを見て、R-指定も「売れたっぽいですわ……」と言って感激していたそうだが、当時はまだ収入が少なく、実は“ぜんぜん飯も食えていない時期”だったそうだ。

番組情報

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週火曜日 深夜3:00-4:30

番組HP

火曜日のオールナイトニッポン0(ZERO)は、1MC・1DJユニット「Creepy Nuts」が担当!MCバトル日本一3連覇のラッパー”R-指定”とDJバトル世界一の超絶プレイターンテーブリスト”DJ松永”の二人によるHIP-HOPラジオ!


Page top