超特急、ライブ中の“涙”エピソード「あのタクヤが!」

By -  公開:  更新:

7月16日(金)深夜、5人組の“メインダンサー&バックボーカルグループ”超特急がパーソナリティを務めるラジオ番組「超特急のオールナイトニッポンX(クロス)」(ニッポン放送・24時~)が放送。先日、メンバーのタクヤがライブで感動の涙を流したことから、“涙”にまつわるトークを披露した。

(左から)超特急・カイ(2号車)、リョウガ(3号車)、タクヤ(4号車)、ユーキ(5号車)、タカシ(7号車)

今年2021年12月25日に結成10周年という節目を迎える超特急は、ダンサーのカイ(2号車)、リョウガ(3号車)、タクヤ(4号車)、ユーキ(5号車)とバックボーカルのタカシ(7号車)からなる5人組。エンターテインメント性の高いパフォーマンスと、“8号車”と呼ばれるファンとの一体感ある参加型ライブが話題を呼び、ライブチケットは毎回即完売を連発している。

そんな、超特急は、先月1年4か月ぶりとなる有観客ライブを開催。その際、タクヤが感極まり、男泣きしたという。

ユーキ:僕ら、1年4か月ぶりにお客さんを入れて、ライブが出来たっていうのがありましたけど。本当にね、お客さんがいるかいないかで全然空気感違うよね!

タカシ:そうですね、ホンマに。

ユーキ:感動したよね。タクヤ、泣いていましたからね。あのタクヤが! 普段、あまり泣かないですよね。クールなイメージだし。

タクヤ:結構、コンスタントに泣いているけどね。

リョウガ:コンスタントに泣くな!

一同:はははは(笑)

タクヤ:カイとか、リョウガとか、タカシの方が泣かないじゃん。

カイ:俺、プライベートでめっちゃ泣くからね? 映画とか見たりしたら。でも確かに、超特急になって泣いたのは一回しかない。

タカシ:その一回は何?

カイ:その一回は、超特急の曲が僕が小さい頃から見ていた、アニメ『遊戯王』のオープニングに決まったことです。

タカシ:それかい!(笑)

カイ:泣くだろう!

リョウガ:ステージ上で子供のように泣いていたもんね。

タカシ:うれしいことやけどな。

リョウガ:“グッ”とか、“ツー……”みたいな格好いい涙じゃなくて、ワンワン泣いてたもんね。

カイ:その後、アンコールで曲がかかっている時に、曲の中ですれ違う時にタクヤが、『遊戯王、おめでと!』みたいな(笑)

リョウガ:曲中に祝ってるんじゃないよ(笑)

ユーキ:確かにうれしいことだけどね。10年で泣いてないのは、リョウガだけじゃない?

リョウガ:超特急の活動の中でとなると、確かにね。

タクヤ:僕と抱き合って、ね? 4~5年前のツアーで。

リョウガ:そのネタ、ずっと言ってるじゃん。

タクヤ:ライブの演出で、客席をトロッコみたいなのに乗って。

リョウガ:練り回るみたいなね。

タクヤ:僕とリョウガのトロッコが交差するのがあって。

リョウガ:トロッコを乗り換える瞬間に、自然とハグみたいな形になって。僕も1ネタ入れたい性格だから、ワンワン泣いている振りをして。そうしたら8号車(ファン)のみんなも『感動して、あの泣かないリョウガくんが泣いてた!』みたいな。タクヤも『大泣きしてたよな』『俺は知ってるぜ』みたいな、やかましい雰囲気を出してきてさ。ぜんぜん、泣いてないのに。

カイ:あれは泣いてたもんね?

リョウガ:泣いてないって言っているのに。

カイ:リョウガは、泣くのがダサいと思ってるの?

タカシ:それが、男の定義だと思ってる?

カイ:泣くのはダサいって、高校生?(笑)

リョウガ:ムカつく……!

結成10年の間で泣いてないのはリョウガだけだと明かしたメンバーたち。そんな、リョウガはカイからイジられると、「ムカつく」とリアクションした。

その後、5人は2021年下半期の個人的な目標を発表し、ユーキは車の免許取得を目指しているとのこと。また、10周年を記念し、様々なスペシャルプロジェクトを考案中だと明かし、その内容については随時発表していくと語った。

番組情報

オールナイトニッポンX(クロス)金曜

毎週金曜 24:00 - 24:53

番組HP

金曜日の「オールナイトニッポンX(クロス)」。週替わのパーソナリティがお届けします!

また、番組はバーティカルシアターアプリ「smash.」でも映像付きで楽しむことができます。

音声でも映像でもお楽しみください!


Page top