YOASOBI・Ayase、夏休みの絵日記事情「最後の日に記憶を呼び起こして」

By -  公開:  更新:

7月27日(火)深夜、コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる音楽ユニット・YOASOBIがパーソナリティを務めるラジオ番組「YOASOBIのオールナイトニッポンX(クロス)」(ニッポン放送・毎週火曜24時~24時53分)が放送。27歳のAyase と、20歳で現役大学生のikuraが、夏休みの宿題や学生生活について語った。

Ayase:夏休みが始まっているみたいよ。ikuraちゃんは「大学のレポートが終わるまで、夏休みは始まらない」みたいなツイートをしていたけど、現状どうですか?

ikura:あと1個!

Ayase:もともと何個あったの?

ikura:そんなに多くなくて4つぐらいで、他に試験系があったの。

Ayase:僕は大学に行ってないから、レポートとかがどういう仕組みか分かっていないんだけど、レポートって何をするの?

ikura:授業にもよるけど、例えば授業が15回あったら、それを振り返って3,000字でまとめなさい、とか。あと、授業を全部受け終わってから、なにか新しい議題について自分で応用して書いてみなさい、とか。

Ayase:ああ~、なるほど。大変ですね(笑)。夏休み中も宿題があるんでしょ?

ikura:大学は無い人が多いんじゃないかな?

Ayase:そうなの? 絵日記とか……。

ikura:大学で絵日記?(笑)

Ayase:小学校、中学校では絵日記書くじゃない?

ikura:私、絵日記書いたことない。

Ayase:人生で一度も絵日記書いたことないの!?

ikura:私の小学校はへんてこな小学校だったから。

Ayase:朝顔は育てた?

ikura:朝顔はあった!

Ayase:でも絵日記書いたことないんだ……。

ikura:だからたまに、ツイッターで小学校の時の絵日記がバズったりしているじゃない? あんまり共感ができなくて。

Ayase:僕は宿題をためちゃうタイプだったから、夏休み最後の日に記憶を呼び起こして、『何日って何してたっけ? プール行ってないけど、行ったことにする?』みたいなことをやっていました。懐かしいですね。

定番の夏休みの宿題・絵日記を書いたことが一度も無いと明かしたikura。その後、リコーダーについての話題になると、ikuraが「私、リコーダーを小学校の時にやってないの。だからリコーダーが吹けないの」と告白し、Ayaseが「ええっ!?」と声を上げ、「小学校、行ってた? 実は小学校じゃなかったんじゃない?」と突っ込み。

さらにピアニカも学校で習わなかったそうで、代わりに、水を入れて吹くと小鳥の鳴き声がする「水笛」はあったと明かし、Ayaseを終始仰天させた。

番組情報

YOASOBIのオールナイトニッポンX(クロス)

毎週火曜 24:00 - 24:53

番組HP

コンポーザーのAyaseと、ボーカルのikuraによるクリエイターユニット。昨年は大ヒット曲『夜に駆ける』で紅白歌合戦にも出演したYOASOBIが火曜日のパーソナリティを担当します。Ayaseがアレンジした、『Bitter Sweet Samba -Ayase Remix-』が、番組のオープニングテーマとしてオールナイトニッポンXの全曜日で流れます!
また、番組はバーティカルシアターアプリ「smash.」でも映像付きで楽しむことができます。音声でも映像でもお楽しみください!


Page top