ヨット太平洋往復横断を終えた辛坊治郎 「夜寝るときが一番怖かった」その意外な理由

By -  公開:  更新:

8月24日、ヨットでの太平洋往復横断を終え無事日本に帰国した辛坊治郎が、過酷な航海について振り返った。

日本への帰還を果たし、安堵の表情を見せる辛坊治郎

画像を見る(全4枚) 日本への帰還を果たし、安堵の表情を見せる辛坊治郎

ニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』8月24日(火) 午後3時30分~5時30分

24日のニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』には、ヨットでの太平洋往復横断を終え、無事日本に帰国したばかりの辛坊治郎が番組冒頭に中継を結んで生出演。「生きて帰ってきました。生きて帰ってきたのは奇跡のような話で」と切り出し、その理由について、「一度、船を停めてエンジンを止めた後に、停めた場所から動かすためにもう一度エンジンをかけようとしたらうんともすんとも言わない。だから、たまたま偶然到着しただけで、運がよかっただけですね」と語った。

復路となる帰りの航海については「暑くて暑くて本当につらかった」とのことで、辛坊は「一番怖かったのは自分自身。赤道の近くで暑くて海に飛び込みたくなる。起きているときは理性が働くが、寝ぼけてたら人間何するかわからない。何が怖いかと言ったら夜寝るときが一番怖かった」と過酷な航海について振り返った。

KaorinV(カオリンファイブ)号

KaorinV(カオリンファイブ)号

番組への復帰については「いずれにせよ、時事問題に全く接触しないままラジオができない。リハビリで、新聞を読むだけのためにニッポン放送に行かないと、(パーソナリティは)無理だと思いますよ」と語ったが、辛坊は航海を通して「人は必ず死ぬということがよく分かった。歴史の書物を太平洋で読んでいて、生きている間に何するか、本当に真剣に考えた」と話したうえで、「ラジオはやっぱり聞いてくださる方が喜んでくださるならば、人生の残り時間を使うにはありがたいじゃないですか」と話し、番組への復帰を力強く約束した。

大阪・淡輪ヨットハーバー

大阪・淡輪ヨットハーバー

その後、5時台にも電話で出演した辛坊はリスナーからの「海とはどんな存在ですか?」という質問に対し、「大きな水たまり」と返答。一瞬スタジオを困惑させつつも、最後は応援してくれたリスナーに感謝の気持ちを伝えて出演を終えた。

◆辛坊治郎出演の様子はradikoでお聴きください https://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20210824153500

ニッポン放送では明日以降も電話で辛坊が生出演する予定で、ぜひ楽しみにしていただきたい。

■番組タイトル:ニッポン放送 『 辛坊治郎 ズーム そこまで言うか! 』
■放送日時:毎週月~木曜 15時30分~17時30分
■パーソナリティ:辛坊治郎
■ピンチヒッター:(月)立川志らく (火)週替り (水)吉田尚記 (木)飯田浩司
■Twitter:@zoom1242
■ハッシュタグ: #辛坊治郎ズーム
■メールアドレス:zoom@1242.com
■番組HP:https://www.1242.com/zoom/

番組情報

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!

月~木曜日 15時30分~17時30分

番組HP

太平洋横断にチャレンジする、辛坊治郎の帰りを待ちながら、期間未定で日替わり助っ人パーソナリティがいま一番気になる話題を忖度なく語るニュース解説番組。
[パーソナリティ]月曜:立川志らく/火曜:週替わり/水曜:吉田尚記アナウンサー/木曜:飯田浩司アナウンサー
[アシスタント]増山さやかアナウンサー


Page top