大宮エリーがデザイン、『オールナイトニッポン55周年イヤー』オフィシャルロゴが完成!

By -  公開:  更新:

1967年10月2日にスタートした『オールナイトニッポン』。4月から1年間にわたって展開する「オールナイトニッポン55周年イヤー」を彩るオフィシャルロゴのデザインが決定した。

デザインしたのは作家、脚本家、画家、映画監督など様々な顔を持つクリエイターの大宮エリー。大宮はこのデザインに込めた思いについて、以下のようなコメントを寄せた。

オールナイトニッポンは各パーソナリティの個性が色とりどりでいろんな国に旅行にいくようなきもちになります。また深夜の生放送は、こころの解放区。リゾート地のきもちいいプールサイドをオールナイトニッポンのロゴにして、開放感、癒し、わくわくを、表現しました。55周年おめでとうございます!
大宮エリー

ニッポン放送ではこのオフィシャルロゴが表現する、開放感、癒し、わくわくする気持ちをオールナイトニッポン55周年イヤーの1年間にわたり、リスナーに番組を通して伝えていく。

撮影:諸井純二

大宮エリー プロフィール

1975年大阪生まれ、東京大学薬学部卒業。広告代理店勤務後独立し、作家業、舞台の作演出、ドラマ・映画監督、映像制作、ラジオのパーソナリティと様々なジャンルで活動。2012年からは観客にイメージや言葉を伝え、来場者が参加して作品が完成するという体験型の展覧会、個展を立て続けに開催し大きな話題を呼ぶ。 絵画制作は、2012年東京都国立博物館の法隆寺宝物館にてモンブラン国際文化賞受賞の福武總一郎氏へのお祝いとして、急遽ライブペインティングを依頼されたことから始まる。2016年には美術館での初の個展「シンシアリー・ユアーズー親愛なるあなたの大宮エリーより」(十和田市現代美術館、青森)を開催し、同時に街の商店街にも作品を展開。2019年には、海外のギャラリーでの初個展「A Wonderful Forest」(TICOLAT TAMURA、香港)を開催すると同時に、アートバーゼルにも参加、ミラノ、パリでの個展、はじめての海外グループ展「Parcours Saint-Germain」参加など、制作活動の初期から大きな飛躍を遂げている。今年2022年は、ロンドンでの個展(https://boulakia.gallery/)、そして瀬戸内国際芸術祭に出展作家として参加が決定しており、犬島にいくつもの作品を点在させるプロジェクトが始まることになる。またエリー学園、こどもエリー学園では学長として授業を行なっている。(elliegakuen.com/about)(kodomo-ellie-gakuen,dom/about)

 

番組情報

ナインティナインのオールナイトニッポン

毎週木曜 深夜 1:00 - 3:00

番組HP

ナインティナインのオールナイトニッポンは、皆さんからのおハガキ・メールが頼りです。職人のあなたから渾身のネタをお待ちしております!ラジオならではのナインティナインのトークも楽しんでください!

Page top