勝地涼、山田裕貴が俳優を志した理由に「ちゃんと悩みながら選んでいる。思いが一本ある」

By -  公開:  更新:

6月13日(月)深夜に放送された、俳優の山田裕貴がパーソナリティを務めるラジオ番組「山田裕貴のオールナイトニッポンX(クロス)」(ニッポン放送・毎週月曜24時~24時58分)に、俳優の勝地涼がゲストとして生出演。俳優になったきっかけや、俳優業以外で考えていた職業について明かした。

画像を見る(全3枚) 山田裕貴、勝地涼

番組中盤、リスナーから「芸能界に入ろうと思ったきっかけは?」というメールが届き、これに2人が回答。勝地は、KinKi Kidsの堂本光一、堂本剛に強く憧れていたこと、山田は、俳優になればいろんな人生を学べる、という思いから芸能界を目指したと語った。

勝地:当時は、野島伸司さん脚本のドラマが大全盛期で。

山田:ああ~!

勝地:そこに、剛さんと光一さんが出演されていて。俺は本当に憧れちゃって。あの人たちみたいになりたい、と思ってジャニーズJr.のオーディションを受けて。

山田:ええっ、そうなんですか?

勝地:オーディションで「一番やる気のある子が一番前で踊るんだよ」って言われたから、俺、一生懸命踊ってさ。

山田:はい。

勝地:落ちた!!

山田:その言い方が(笑)

勝地:いや、笑っていいんだよ(笑)。でも、書類審査は通っているから!

山田:おお~!

勝地:僕の母親が東京・自由が丘でお花屋さんをやっているんだけど、堂本光一さんと瀬戸朝香さんがロケで使うと。そのロケを僕が見ていて、瀬戸朝香さんの事務所にスカウトされた。

山田:すごっ!

勝地:山田くんが俳優になったきっかけは?

山田:僕は小・中学生の時にずっと硬式野球をやっていて、プロ野球選手を目指していたんです。父親がプロ野球の仕事をやっていたこともあって。

勝地:うん。

山田:家にプロ野球選手がいるわけだから、なんか、その差を感じながら子供の時をずっと過ごして。(難しい球を)「打てたよ!」って言っても、父は「へぇ……」っていう反応で。野球を嫌いになりそうになっちゃって。

勝地:なるほどね。

山田:だけど後になって、“自分が努力しなかった、自分のせいだった”って気付くんですけどね。

勝地:うん。

山田:そこから野球を辞めて。『何でこういう風に思うんだろうな?』『何で人間って……』みたいなことを考えるようになって、『人間の心を調べる仕事をしたいな』と思って心理学を学びたいとか。

勝地:はいはい。

山田:『心の原点は子供時代だ』と思って、保育士になって子供を見ていたら、自分も何かもらえるものがあるんじゃないかな、とか。

勝地:うん。

山田:そうやって、いろんなことを考えた結果、『俳優さんも人の人生を生きる仕事だから、いろんな人生を学べるかも』と思って、最終的に俳優さんを選びましたね。

山田の俳優を目指すまでの経緯を聞き、勝地は「ちゃんと悩みながら選んでいる。思いが一本あるから続けられているよね」と感心。また、山田が俳優を続けているのは父親の「自分の決めたことだけは最後までやり切れ」という言葉に影響されていることも明かした。

この他にも番組では、山田と勝地が初対面した時のこと、お互いの第一印象、後輩俳優の高橋文哉について、勝地が小池栄子から言われてグサッと来た一言などのトークを繰り広げた。

番組情報

山田裕貴のオールナイトニッポンX(クロス)

毎週月曜 深夜 24:00 - 24:58

番組HP

月曜日のオールナイトニッポンXは俳優の山田裕貴が担当!

Page top