瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」

瀬戸内寂聴 生まれた以上、人は定められた命の尽きるまで、苦しくても生き抜く義務があります

【瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」】第1701回 自分の命はこの世で誰かを幸せにするため、何かの役に立つために授かったのです。生まれさせてもらった以上、定命(じょうみょう)の尽きる日まで、苦しくても人間は生き抜く義務…

Page top