非・社交的性格への分岐点。飲み会のトラウマ事件を語る!

By -  公開:  更新:

映画パーソナリティ・コトブキツカサがパーソナリティを務めるインターネットラジオ「コトブキツカサのオールナイトニッポンモバイル」の第28回が配信され、コトブキツカサが非・社交的な性格に急変してしまった出来事について語った。

先日、出張で大阪に行った時のこと。早朝に現地集合というスケジュールだったため、前日の夜から現地入りする“前乗り”することにしたコトブキツカサ。

大阪駅に着いたのが20時頃。大阪に住んでいる知り合いに「これから一杯どう?」と連絡をして久しぶりの再会を楽しもうかなど考えるものの、いざ誰かに電話を…となると、どうしても気が乗らず、迷った末に、タコ焼きをテイクアウトしてホテルで一人食べることに…。

芸人をやっていた頃は、仕事で知り合うスタッフをグイグイ誘って飲みに行けるタイプだったため、自分でも「え?俺ってこんな性格だった!?」と驚いたそうですが、ふと性格を一変させる分岐点となった“ある夜”について思い出すことに。

それは、数年前に沖縄で開催された映画祭でのこと。

いつもなら、そういう仕事の時は気心知れた芸人さんと飲みに行ったりするそうですが、その日は、映画の仕事を始めたばかりの頃にお世話になったスタッフと数年ぶりの再会。「今晩飲みに行きましょう!」と、誘われ快諾。さらにその直後、別のテレビ関係者と話していると、映画を撮ったという話になり、「詳しい話は、あとでゆっくり!」と、またまた約束。

仕事が終わってから、飲み会の時間までマネージャーっていたものの、先方からの連絡は一向になし。

電話してみると…最初のスタッフさんは、現地で行っている仕事が急遽長引いてしまい、「何時に終わるか分からない」状況。

「仕事なら仕方ない。別の約束もあるし…」と思ったコトブキさん、もう1人に連絡をすると…「え?もう東京帰ってきましたよ?僕、後日行きましょうって言ったつもりだったんですけど…」と、逆に気まずい展開に…。最終手段で、マネージャーを誘ったところ、さらに追い打ちをかけるような一言が…!?

人によっては「そんなことで?」と思われるかもしれないコトブキツカサのトラウマ事件は、「コトブキツカサのオールナイトニッポンモバイル(第28回) 」 で聴くことが出来る。

バナー_コトブキ
【メール】 kotobuki@allnightnippon.com
【ハガキ】〒100-8439 ニッポン放送 『コトブキツカサのオールナイトニッポンモバイル』係
【配信日】毎週木曜日
【番組URL】 https://www.radital.jp/program-page.action?programNo=127
【第28回URL】 https://www.radital.jp/program-play.action?contentsNo=6194


Page top