元・応援団長のつらい過去

By -  公開:  更新:

13日夜放送のニッポン放送「高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと」で、2人の夏にまつわる過去のエピソードが語られた。

冒頭のトークは、高橋が全国ツアー中ということでツアーにまつわる話をするはずだったが、“全国ツアー中”を噛んで“全国ツアー通”と発言したところからいきなり脱線。「全国ツアー通っていいですね。全国ツアーにすごい通じてる人みたいな?」と食いつく朝井に、「そこ拾わなくていいじゃん!」と高橋は不満を口にしたが、意外にも朝井は、“全国ツアー通”なのだといい、そちらの方向に話が捻じ曲がった。

朝井は、アーティストがツアーで回る会場のキャパシティを調べるのが好きなのだそう。ライブハウスツアーを2~3年行い、47都道府県ツアーをやって、次にホールをやったりと、順調に大きくなっているアーティストを見ると、上手い会社だなと思うとのこと。

それを聞いた高橋は、「そこまで“全国ツアー通”なのに、なんで私のライブハウスツアーには興味持たないの?」と、朝井がライブを見に来てくれないことに対し疑問を提示。すると朝井は、「興味はあるけど、これからのツアーがどう変遷していくかに興味があるので。人間の知恵が働いている足跡を見るのが好きなんです。だから次のツアーを楽しみにしてます。」と上手くかわそうとし、高橋から「いや、今回のライブ来てよ」とツッコミを受けた。

“全国ツアー通”の話だけでオープニングトークが終わってしまったため、改めて高橋の話を聞くことに。「新幹線と飛行機の座席に疑問を持ったことないですか?」と投げ掛けた高橋は、座席に付いている枕の形について不満があるそう。高橋曰く、人の頭の形は丸だから、凹ませて置かないと型としてハマらないのに、枕が前に出ているから、顔が下に向いて寝にくいとのことだ。

必死に不満を訴えかける高橋だが、頭を枕に付けず前に下げて寝ることが多いという朝井は、あまりピンときていない様子。「上を向いて寝ると口が開くから、開いた口に錠剤か何か入れられるんじゃないか?っていう不安がすごいある」と謎の理由を口にし、「そこはマスクを付けんのよ。」と高橋から指摘を受けると、「でもそのマスクを取られたら!?」と食い下がった。

時期はお盆ということで、今回はそこから夏全般にまつわる、2人の過去のエピソードトークを披露。

子供の頃は、お盆の時期になると、岐阜から父方の実家がある広島まで、家族揃って車で行っていたという朝井。とてつもなく時間が掛かる上に、飼っていたゴールデンレトリバーも一緒に車に乗せて連れて行ってたため、とにかく大変だったとのこと。なぜわざわざ車で行っていたのかと、当時を振り返りつつ改めて疑問を呈した。

一方の高橋は、夏といえば学校でブタメン食べるのが日課だったそう。部活に入らず帰宅部だったという高橋は、することはないが特に帰りたいわけでもなく、部活に励む同級生たちを横目にコンビニへ行ってブタメンを買い、トイレの前でブタメンを食べていたとのこと。

それを聞いた朝井は、「うわぁ~こわっ!」と引き気味のリアクション。「それでトイレに行けなかった人、多分延べ500人ぐらいいるよ?うわ、ブタメンコがいるって。」と勝手にあだ名を付けて高橋を戸惑わせた。「怖いグループじゃなかったんだよ?」と弁解する朝井だが、「怖いグループが食べてるんだったら、イキってるとかブランディングとして食べてるんだなと思うけど、怖くない人が食べてるって、それはただお腹が空いているってことだよね?純粋な食欲に根ざした行動というほうが、私は怖いです。」とさらに引いたコメントをした。

さらに高橋は、毎夏そうした行動をしたのち、市民会館に行って卓球をするという流れで遊んでいたそう。原宿まで遊びに出掛けることもあったそうだが、高橋曰く、原宿に行くのはとても勇気がいるそうで、「早く行かなきゃいけない」「気合いを入れて行く」との理由で、駅に朝4時に集合していたとのこと。当時の状況について高橋は「まだ薄暗かった」と振り返り、その時間は24時間営業のマクドナルドしか開いていなかったため、2時間ぐらい時間を潰していたそうだ。

それぞれ違った形で、夏を楽しんで過ごしてきた2人。しかし話を聞いていると、2人に共通した過去のつらいエピソードがあったことが判明した。

朝井:僕体育祭の、応援団長だったんですよ、高校生のとき。

高橋:うわぁ~私小学校のとき応援団長だった!

朝井:うわぁ、ヤな共通点見つかりましたね~

高橋:すげぇヤダ。

朝井:私は段席に居たくなかったんですよね。炎天下の中、衣装着て練習とかイヤだったから、外に出る側に回ろうと思ったら、すごい大変じゃない?

高橋:めっちゃ大変だよ、覚えなきゃいけないし、すごい声張るし。

朝井:みんな別に体育祭なんてやりたくないわけだから、その前に出て率いなきゃいけないって、すごい大変だよね。めちゃめちゃ痩せましたもん。

高橋:あはは(笑)私は小学校のときだったから、まだ良かったのかも。“足速い顔”だったからアンカーにさせられたっていう、つらい過去はありましたけど。

朝井:どういう顔?ジェットスター乗ってるときみたいな顔ってこと?

高橋:いや違う(笑)運動神経良さそうじゃん、私って。何でもできそうじゃん?でも全部できないの。で、あるとき学校休んで、行ったらもうアンカーにさせられてたの。見えない確率に賭けたんだよね。

朝井:あはは(笑)そんなBETのしかたある?勝負師がいたね、そこのクラスに。

高橋:それで最下位だった。すっごい恥ずかしかった。

朝井:それで応援団長なんでしょ?そういう小学生時代なら、まぁトイレの前でブタメン食べても許される気はしますね、確かに。

高橋:OK?良かった!

お互い夏は好きだが、体育祭に関してはあまりいい思い出がなかったという2人。ほかの人の夏の思い出に関しても気になるようで、リスナーからエピソードを呼び掛けた。

来週はスペシャルウィークということで、『高橋みなみ2ndシングルタイトル発表スペシャル』という企画を行うとのこと。「もう結構前に発表されてるんだけど・・・」とぼやく高橋だが、「初解禁の場をいただきました!」「お金を積んでやっとその権利を手に入れました」と一切聞く耳を持たず、盛り上がる朝井。果たしてどんな企画になるのだろうか?

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送『高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと』
放送日:8月13日(日)22時30分~23時
パーソナリティ:高橋みなみ、朝井リョウ
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20170813223000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/yobunnokoto/

Page top