アメコミヒーローの父×『悪の華』長濱監督×世界的作曲家×アイドル

By -  公開:  更新:

16日(水)深夜放送の、ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』(パーソナリティ:ニッポン放送アナウンサー吉田尚記、水曜日1ヶ月限定アシスタント:ベイビーレイズJAPAN・高見奈央)にアニメーション監督の長濱博史と、9nineから佐武宇綺と村田寛奈が出演した。

長濱監督といえばTVアニメ『蟲師』『惡の華』などを手がけたことで有名だが、7月からNHK総合で放送中の『THE REFLECTION』では原作・監督・キャラクター原案を担当。その劇中歌をアイドルグループの9nineが歌っているのだが、どうやら普通のアニメとは一線を画す、かなり特別な作品になっているという。

それというのも、このアニメの原作コミックの作者であり、『アイアンマン』『超人ハルク』『スパイダーマン』『X-MEN』などの原作者でもある”アメコミヒーロー父”という異名を持つスタン・リーが、共同原作を担当しているという。元々スタン・リーの大ファンだったという長濱監督は、この伝説的な人物と一緒に仕事が出来ることに「なんでなんだろう?(笑)」と不思議そうに喜んだ。

さらに9nineの楽曲は、世界的に大ヒットした、バグルズの『ラジオ・スターの悲劇』、イエスの『ロンリーハート』などの作曲者、トレヴァー・ホーンが書き下ろしたもの。これについて長濱監督から、そこに至るまでの裏話が語られた。

吉田:トレヴァー・ホーンって、アニメの曲とか作ったこと無いんですって、長濱監督とスタン・リーのために初めて作ってるんですよ。

長濱監督:すごいことですよね。ちょっとこれにはコメントしづらいんですよ(笑)。なんかあんまり実感が無いって言うか……。

佐武・村田:そうですよね(笑)

長濱:ただトレヴァーとは、毎週のようにSkypeで打ち合わせしたし。

吉田:え!?そうなんですか!!

長濱:そうなんです。9nineの楽曲に関してもトレヴァー本人に「彼女たちは踊れるんで、踊りのパート作ってくれ」ってその場で言って、間奏のところでガンガン踊れる、このぐらいの感じのテンポで、こんな感じってやったら、トレヴァーそれ見て「ああ!」って書き留めて、「分かった分かった!」ってそっから楽曲バーって変更してくれたりとか。

佐武:そのせいで9nine史上、一番間奏の長い楽曲になりました!(笑)

吉田:普通は『ラジオ・スターの悲劇』作った人に口出せないよ!

長濱:あははははは(笑)

アメコミファンであり、9nineのファンでもある、長濱監督が送る『THE REFLECTION』。既に各地で話題の、2017年アニメ界”台風の目”と言えるこの作品、これからの展開に注目だ。

この日の放送は期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ミュ~コミ+プラス」
放送日:8月16日(水)24時~24時53分
パーソナリティ:吉田尚記
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20170817000000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/mcplus/

Page top